• [一般の方向け] 教員採用一次試験合格スーパーバイズ/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • たのしい教育の数量的な説明 ※能力方程式

    rp_ffd588bdc702a97676d95e78089050d6-150x1501.pngこれは10年以上前から周りの人たちに語って来た事で、沖縄の冬の大会でもレポートにまとめて発表した事があるのだけど、、元データをたどれないので、論旨を整理してここに書いておこうと思います。

                          ※

    学ぶことは、自分の周りの新しい世界を発見する事であり、それはまた自分自身の成長を確認する事でもある。
    必然的にワクワクする行いなのだ。

    ところで人間の能力のおおよそのところを
    知識・技 × やる気 (熱意) = 能力 ※能力方程式 by きゆな
    で強引にあらわしてみたい。
    知識・やる気の全体を10とすると、能力はかけ算で100となる。
    たとえば「かけ算九九」の能力の全体が100である、という様なイメージ あるいは
    「写真を撮る能力」の「Maxを100」というようなイメージである

    1.左の項「知識・技」を増やす・高める事は「賞罰」などの外発的な刺激・強制力でもある程度まで可能である。

    例えばやる気は 低く「1」だが、外発的な刺激・強制力で知識・技が「 8 」まで高まったとしよう。
    すると
    知識・技  やる気 (熱意)= 能力
      8  ✖   1    = 8
    となる。

    2さて 知識・技 × やる気 (熱意) の右の項「やる気・熱意」は外発的な刺激・強制力で高める事は難しい。
    たいていの場合すぐに停まってしまい、怖い事は、そのまま外発的な刺激や強制力を継続し続ける事で「マイナス」の値までどんどん落ちていく。
    知識の量が「8」まで高まった人間でも、やる気が「マイナス5 」までおちたら…
    知識・技  やる気 (熱意) =  能力
    8     ✖   マイナス5 = マイナス40
    となる。

    さっきは「プラス8」
    それより能力値として48ポイントも減ってしまった。
    これはたいへんである。

     具体的にイメージしてみよう。
    これは「その技は持っていても、その技を利用しようとしない」という事である。
     例えば、毛筆ではコンクールなどに入賞したりするようないい字を書けるのだけど、墨の匂いをする事すら嫌いになってしまう様な状態である。
    うると、筆を握るどころか、紙の準備すらしない、毛筆に近寄ろうとしないという事である。

     ちなみにこれは私の個人的な経験でもある。

     私の友人の例で表現すれば
     センター試験の英語の平均的な得点はとれても、アメリカ人に話しかけられたら、もう何を言っているのならさっぱり聞き取れずに逃げ出す、というような事でもある。

     この教育は辛い。
    何も刺激が無い状態なら「0」で停まっていたのに、それをマイナス40まで落としてしまうのだから…

    3「たのしい教育」は、知識や技だけでなく、やる気と熱意とを高める教育である。
    たとえば知識や技が低かった人が、たのしい教育で、平均程度高まった…例えば「5」とする。
    やる気や熱意も低かったが、平均程度高まって「5」とする。
    すると…
    知識・技  やる気 (熱意)= 能力
    5      ✖   
    5    =  25
    なる。
    1の時よりも、17ポイント高い。
    しかも、やる気・熱意があると、次第に知識や技が高まっていくから不思議である。
    これは例えば
    「本を読む事のたのしさ」を味わってしまうと、親に禁止されても、隠れて読んでしまう、というような事である。
    必然的に読書の技も高まり知識も増えていく。
    技が高まり知識が増えていくと、相互作用でまたさらにやる気と熱意が高まる。
    それらは実際、明治期の多くの知識人の体験でもある。
    何人もの人達が、親に叱られるのを知ってはいても、戸棚などに隠れて小さな隙間から差し込む光で本を読んだという。

    そうやって、25だった力が 35、45、55と増えていくこととなる。

    「たのしい教育」というのはおもしろおかしい教育の事ではない。
    人間の可能性を伸ばす、ワクワクする行いなのだ。
    そういう教育をゆっくりでよいから、着実につみあげていきたい。

    喜友名 一

     ☆☆ おすすめ書籍 ☆☆

     

     

     

    よく読まれている記事