• [一般の方向け] 教員採用一次試験合格スーパーバイズ/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • 桜の恩返し?/笑顔を育てる行動が繋がって自分も笑顔になるという話

     研修生のAさんと第三研究所のベランダを片付けていると、栄養のあるいい土がたっぷり出てきました。どんぐりプロジェクトの時や、いろいろな植物を育てている時に購入したものです。

     さっそく近くの桜たちの根元にわけてあげることにしました。

     毎年〈蕾見や花見〉でたのしませてもらっているので、時々水をあげたりしているのですけど、いい土をあげるのははじめてです。

     たっぷりあったので、いくつもの株にわけてあげました。
     小さな桜の木にはこれくらい。

     大きな桜の木にはこれくらい。

     土を広げただけではダメです、今はなき伊波善勇先生に教えてもらった手順で、植物が喜ぶ様に、ほろほろの土にしてあげなければいけません。
     全部で10本くらいの桜の木に分けてあげることができました。

     そうやって数本の桜の木の根元で土を柔らかくしている時に、金属片をみつけました。

     これです。

     

     何なのか、すぐにわかりました。

     半年くらい前から行方不明だった〈パン焼き器にセットする羽〉です。これがないと小麦粉を練り込むことができませんから、単なる入れ物になってしまいます。

     残念なことに、メーカーでも生産していないということで、片隅で無用の長物と化していたパン焼き器が、これで復活します。

     こういう偶然はとても嬉しいことです。

     研修員のAさんが「いっきゅう先生が木の根元に座って、土をこなしていないと見つからなかったものですね」と言っていましたが、本当にそうです。

     そのことも善勇先生から教えられることがなければ、叶わなかったでしょう。

     植物の笑顔につながることをしているうちに、嬉しいことがいっぱい起こります。

     たのしい春の日々です。

    毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!

     

    よく読まれている記事