読者の方から 「夢がとまらない」生原稿掲載①

 今日は会議をはじめとして,いろいろな人達とあってお話をした日ででした。
illust2155
その中で,たのしい教育研究所のサイトの熱心な読者の方とお話しました。

いろいろな意見を聞かせてもらい,たくさん勇気づけてもらったのですけど,一つ
「新聞の写真を載せても携帯では文字が小さくて読めないのです…私自身,新報のコラムをまだ読んでいません。
テキストで,ぜひUPしてもらえませんか」
という意見がありました。

 言われてみると,たしかにそうです。
 私の知人でも,「もっぱらスマホです」という人はたくさんいるのです。

 とても勉強になった一日でした。

 さっそく,この四月に琉球新報に書いたコラム第一回目をUPさせていただきます。

 二度目の方にも,また新鮮な気持で読んでいただける様,新聞の文字数制限で削除された箇所を復活させて掲載します。

=========

 「夢がとまらない」

 大好きな子どもたちを涙で中学に送り出し、教師を退職したのは2年前のちょうど今ごろ。
「たのしい教育」に全力を注ぐためで、50歳という切りの良い年と重なった。

 「教師としてやりたいことは、ほぼやりきった」
というすがすがしい気持ちで終えることができたのは、大切な仲間がたくさんいてくれたからだと思う。

「宇宙に浮かぶ国際ステーションと沖縄を結んで、たのしい授業をやろう!」
「宇宙飛行士に来てもって、沖縄から宇宙飛行士を! というプロジェクトをやらない?」
…一見、ほら話のような私のいろいろなアイデアに乗って、それを全部実現してくれた実力者ばかり。
そして皆、子どもの心を失わない人たち。
教師を目指し補充教員をしている人から管理職まで、幅が広い。

 教師を辞めるとすぐアメリカへ旅立った。
 陽が上ると共に10時間ほど歩き、陽が暮れると本屋でコーヒーを手に深夜まで本を読む、そんな日々を過ごす。

 ジョン・レノンが凶弾に倒れた場所に伏すと、なぜか自分の人生が走馬灯のように駆け巡った。
刺激あふれる街で頭はさえ渡る。
「日本一の科学ミュージアムを沖縄につくりたい」
「沖縄に宇宙探査のロケット基地をつくりたい」
「風邪でも行きたくなるほど魅力溢れる学校をつくりたい」
夢が次から次に湧いてきて止まらない…どうしよう。

 構想ノートが何冊も重なったころ、沖縄に戻った。
そして、大切な仲間たちに、その夢を熱く語っていた。
そうやって始まった「たのしい教育研究所」の活動の中、気が付くと、学校、会社、地域、児童館、病院、デイケアへと広がり、2年弱で1万人以上の方に授業や講演をすることができた。
今それをこうやってたのしくつづる幸せを感じている。
書きたいことが次々湧いてきて止まらない。

どうぞ、お付き合いください。

おすすめ絵本『どんぐりむらのほんやさん』なかやみわ(学研)

今日は『どんぐりむらのほんやさん』なかやみわ(学研)を紹介します。

どんぐりむらのほんやどんぐりむらシリーズの新刊がでました。
今回はほんやさんです。

表紙を見ただけでうっとりと幸せな気分になってしまうほど
とてもかわいい本屋さんです。

作家のなかやみわさんはいろんな書店を取材して
この絵本ができたとのことで、
いくつかの本屋さんがモデルになっているようです。

出てくるどんぐりたちもかわいいのですが
この店長さんがまたいいんです。

やさしくて、必要な本をすぐ探しちゃうステキな店長さん。
あこがれちゃいます。
読みかたりをしてみんなで話しの世界に入り込んで行くのもよかったな〜。

このシリーズの「どんぐりむらのぼうしやさん」「どんぐりむらのぱんやさん」
「どんぐりむらのおまわりさん」もたのしくておすすめです。
( by hina )

つれづれ日記 夢がとまらない

「たのしい研究所の日々」

某月某日
忙しさは加速こそすれ,落ち着く事無く飛び回る日々。
そんな中にあいかわらず夢はどんどんあふれて来て,それは元気の証なのだと思う。

ある目標が達成されたら次は「もの書き」に全力を注ぎたいと考えている。
授業は私がやらなくては私の授業ではないけれど,文章はそのまま一人で立って歩いていってくれるから。

現在のところは,お陰様で,いろいろなところから来る依頼の授業や講演,カウンセリングや授業の相談,教材の開発,教員採用試験を目指している可愛い後輩達に特訓,その他でほとんど私の時間を使い切って,それでも週一回はしっかりとメルマガを綴っている日々。

それを次第に,もの書き業にウェイトを注ぐ生活にしていく…
もちろん,依頼された授業もこなすのですけどね。

で,もの書きをしながら,カウンターだけの喫茶店をやるというのも私の夢の一つです…ね,夢があふれてとまらないのです(・∀・
月一のサークルの名前も「たのしい教育Cafe」
もちろん私の願望のあらわれです。
たの教カフェちらし④メニュー無
珈琲をつくるのは大学の頃から得意としていて,間違いなくその腕は上がっています。
われながら美味しい珈琲いれるんですよ(^^

そんな中,今日はすこしだけゆとりがあったので,気に入りの喫茶店に行ってマスターとおしゃべりしてきました。
もう20年以上この業界で元気にやっている方です。

私「皆,繁盛するという自信があって店を開くのに,
ほとんど9割方は失敗してしまうのはなぜでしょうね,マスタ−」

マスター
「最近の店はあれでしょ,珈琲や食事出して,はいどうぞ,でおしまい。
 客が減って来たらクーポン券かなんか出してね。
 クーポン配るようになったらもうおしまいですよ。
 もっとこう客を大切にしなきゃね。
 この人がどういう曲が好きで,
 どういう仕事していて,
 どういう時によくやって来てくれるとか,
 そういうものが基本になって次第に客が増えていくわけですよ。
 わたしははじめの一二年は帳簿なんてつけなかったですよ。
 だって今日いくら儲かって,いくら足りないなんて考えていたら,
 大切なお客さんとのコミュニケーションが吹っ飛んじゃう。
 きゆなさんは,カノンが好きでしょう。
 だから,きゆなさんが来たらカノンに近い曲をかけてあげるんですよ。
 今日はねぇ〜,カノン調のいいのがありますよ。
 これがいいんですよ。
 聞いてみますか?」

とこんな会話を交わしていました。

聞かせてくれたのは岩代太郎の「春の雪」
マスターが「あなたに聴かせたい」というだけあって,いい曲でしたよ。

さてと,わたしが喫茶店をしながらもの書きをしているのはいつなのでしょう?

わたし自身が一番たのしみです(^^

おすすめ絵本『だるまさんが』かがくいひろし(ブロンズ新社)

だるまさんが
今日は『だるまさんが』かがくいひろし(ブロンズ新社)を紹介します。
(シリーズに「だるまさんと」「だるまさんの」がある)

だるまさんシリーズの中で 私のお気に入りはこの
「だるまさんが」です。

ページをめくるたびに、だるまさんのおかしな動きに
大爆笑してしまいます。

よみかたりの本としてもおすすめですよ。

遠足が雨で室内で外出レクになってがっかりしている子ども達に
この本を読んだら,大笑いしてくれました。

体をゆらゆらゆらしながら「だるまさんが~」

ページをめくると…
「ぷしゅー」っとしぼんだり
「びろーん」とのびたり
「どてっ」ところんでしまったり

その表情がかわいくてとてもたのしい絵本です。

表紙をみると子ども向けなのかなと思いましたけど,大人までたのしめます。
秋の夜長の読書の1冊としてもおすすめですよ。
(by hina)