⭕️ コロナ感染対策として参加者へは殺菌、体温チェックなど公立学校レベルの対応をお願いしています。プラスしてRIDE室内は大型ファン2台で強制吸気と強制換気で排気の流れを作っていますから高い安全性が確保されています
⭕️ たのしく講演・授業・ワークショップ・スーパーバイズ・カウンセリング・企業研修 その他、お問合せください!
⭕️ 2021年たのしい春の講座〈2月27日-土曜10:00~13:00予定〉
⭕️ 教員試験合格SV実施中(要面接)/「たのしい教育メールマガジン(有料)」/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付

たのしい植物観察〈ハマダイコン〉〈ハマアズキ〉の話②

 3つ前の記事で触れた〈ハマダイコン〉と〈ハマアズキ〉のことを、少しふくらませて最新のメルマガに書いたところ、いろいろな人たちからたのしい反応が届いています。

 食べることができるできないということは、慎重に判断しなくてはいけません。
 普通な人は無理でもタフな人なら大丈夫ということもあります。

 なので、誰かが料理した・食べたという情報を読んだだけで「食用になる」とは言えないのです。
 少なくとも、いろいろな方たちが興味を持ってくださっているこのサイトにそう綴ることはできません。

 その点、ハマダイコンは簡単に結論が見つかります。

 商品化されているからです。

 

 ところが〈ハマアズキ〉は「あんこにした」というサイトは見つかりましたが、「一般的に食用にできるのだ」という根拠に出会うことができませんでした。

 そうやっているうちにたどり着いたのが奄美群島生物資源webデータベースです→ http://www.amami.or.jp/seibutsusigen/index.html

 その中に〈食用で利用されている野生植物〉の分類があります。

そしてしっかり「ハマアズキ:食用にする、飼料にする」と明記されています。

 飼料とありますから、家畜用としての利用が多いのかもしれません。

 いずれにしても「食用可能」です。

 何をやるにも予想⇨チャレンジです。
 アウトドアのたのしみが、また広がりました。

毎日たのしく全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。一緒にたのしい未来をつくりましょう。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!