⭕️ コロナ感染対策として参加者へは殺菌、体温チェックなど公立学校レベルの対応をお願いしています。プラスしてRIDE室内は大型ファン2台で強制吸気と強制換気で排気の流れを作っていますから高い安全性が確保されています
⭕️ たのしく講演・授業・ワークショップ・スーパーバイズ・カウンセリング・企業研修 その他、お問合せください!
⭕️ 2021年たのしい春の講座〈2月27日-土曜10:00~13:00予定〉
⭕️ 教員試験合格SV実施中(要面接)/「たのしい教育メールマガジン(有料)」/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付

ものの見方考え方入門「ものごとを正しく見ていくには〈予想を立てて確かめる〉ことしかない」

 予想を立てて確かめる、それがものごとを正しく見ていく決定的なカギです。その方法以外にはありません。
 たとえば〈○○さんがいったことが正しい〉という基準で見ていくと恐ろしいことになります。

 ホンの10数時間前、ある国のある人物がいったことが正しいと信じた人々が議会に突入して警官隊に射殺されたという恐ろしいことが起こりました。現在の民主主義の根幹をなすのが〈議会制民主主義〉、私たち一人一人が選んだ代表の手によって、予算や法律を決めていくという手続きです。

 選挙結果は不正が行われたからである、という主張を信じた人たちが、その議会制民主主義の府に突入して、力によって自分たちの主張を通そうとしたための悲劇の様です。

 こういう時、遠く離れた日本のメディアがなんと言っているのかで判断せずに、元の記事に当たることは大事なことです。今はインターネットですぐに海外のニュースを読むことができます、開いてみましょう。

 アメリカCNNのニュースサイトです。

 議会場に突入した女性が射殺されたというニュースを耳にして胸を痛めたのですけど、合衆国議会の警察官も命を落としたのですね、とても悲しいことです。

 突入前の様子です、かなりの圧力で警官隊とやりあっています。

 暴動に参加した人々は特定され始めて、人によっては職を失うという結果になっているとあります、議会に突入した人たちへの社会的な制裁が早くも始まっているようです。

 人々は為政者の言うことに全て従わなくてはならないのではありません、自分たちの基本的な人権や福祉の向上など、いろいろ主張をする権利があります。
 ただしそれは命の奪い合いではない方法、民主的な中で行われなくてはいけないでしょう。でなければ、原始時代に近い様な〈力の強い者たちが正しい〉という世界に戻ることになるでしょう。

 民主的で平和的な方法でものごとをすすめていくには、表題にある様に「予想を立てて冷静にものごとを見ていく」必要があります。

 もしも「今回の選挙は不正によって大量逆転したのだ」ということが正しいとすれば、どういう証拠が見つかっていくのだろうか?
 残念ながらどの国でも選挙に不正はつきもののようです、しかしいくつかの特殊事例でなく、〈億という単位〉のアメリカの有権者の票の中のかなりのものが対立候補に大量に書き換えられるとしたら、それはいったいどういう方法によって可能か? そしてそういう不正に気づくのはどういう人たち、どういう組織か?

 もしも「結果を逆転させるほどの大量不正の逆転劇などなかった」ということが正しいとすると、選挙管理委員やそれを司る組織はどの様にして、不正による逆転はなかったということを伝えることができるのだろう。

 そういう予想を立てて、アメリカのニュースソースを見ていくことができる人たちが日本の中でも増えていく必要があります。

 これは外国のことであって日本には関係ないとは全く思えない重要な出来事だと思えてなりません。
 今回のコロナによる混乱の多くも、もっと人々が冷静にものごとを見ていく必要を感じさせる出来事でした、それはまだ続いています。

 たのしい教育メールマガジンの中でも安定して人気が高いのが、こういうことなどを綴った〈発想法の章〉です。興味のあるかは購読をおすすめします。

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックが元気のバネです➡︎一緒に〈たのしい教育〉を広げませんか。簡単な方法があります。ここのクリックで〈応援している〉の一票入ります!