⭕️ 教師向け〈病休・育休等長期休み〉からのリターンtoワーク3回コースがプログラム化されました、関心のある方はお問い合わせください
⭐️「たのしい教育メールマガジン(年購読12,000円-講座等の割引あり)」
⭕️教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付、リモートでのカウンセリングも可能です

授業プラン案「軽石」/西村寿雄先生

 沖縄に来ていただいてフィールドワーク「おきなわ石さんぽ」を担っていただいた西村寿雄先生から授業プラン(案)「軽石」が送られてきました。

〈たの研〉から発送した教材用の軽石が「今までの自分のイメージと違っていて興味深い」ということで、それをめぐってのやりとりが続いている中でのことです。

 私いっきゅうは岩石のプロではないので、成分や穴、含まれているガス、水が染み入っていくかどうかで軽石かどうかをみていくのではなく

〈軽石〉というのは成分や内部のガスの量などによる違いではなく〈同量の水とくらべて重いのか軽いのか〉つまり〈比重〉によって判断する。水より比重が軽いものは水に浮かぶ⇨それを軽石とよぶ

というシンプルなイメージで考えてよいと思っています、西村先生も同意見でした。

 プランはまだ案の段階だということです、十五分くらいではできそうなので、今度の〈たのしい教育cafe〉で紹介しようと思っています。

 西村先生からの使用許可も頂いているので、メルマガの読者の皆さんには一足先におとどけしようと思っています。

 この中で、阿蘇周辺の軽石と、今回の沖縄にたどり着いた軽石との重さを比較したところがあります、興味深い実験でした。

 撤去に約26億円の税金が投入される邪魔ものの軽石ですけど、こうやって、教材として有効に使われているのは嬉しいことです。

 たのしい教育はますます元気です。

たのしい教育全力疾走RIDE(たのしい教育研究所)、みなさんの応援が元気の源です。一緒にたのしく賢く明るい未来を育てましょう。このクリックで〈応援〉の一票が入ります!