⭕️ 教師向け〈病休・育休等長期休み〉からのリターンtoワーク3回コースがプログラム化されました、関心のある方はお問い合わせください
⭐️コロナウイルスをはじめとする感染対策は換気・除菌を中心に高レベルの対策を実施中です
⭐️「たのしい教育メールマガジン(年購読12,000円-講座等の割引あり)」
⭕️教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付

〈科学的な真理〉〈噂〉〈マスコミやSNSの扇動〉/立春の話

 物々しいタイトルに見えるかもしれませんけど、いつもの様に中身は中学生から、早い人では小学校高学年から読める内容です。〈科学的な真理と噂とマスコミの扇動〉このことは今回のコロナの流行についても重要なテーマであったことは、この騒動が落ち着いた時にハッキリすると思います。

 コロナウイルスの危険性を冷静に科学的な真実や、科学を元にしたことを的確に伝えることと「大変だ大変だなにしろ大変だ」と煽ることとは違います。あるテレビ関係の人が語っていたのですけど「冷静に伝えるより、大変だ大変だと叫ぶ方が視聴率が上がるんです」とのこと。だからやっていいという説明にはならないと思うのですけど、どうでしょう。
 また一方では〈受け手〉つまり聴衆・視聴者としての私たちのせいにされてしまいそうですけど、ごまかされてはいけません。視聴率が上がるからやっていいという方程式は成り立たないのです。
 こういう話はたのしい教育メールマガジンの発想法などでとりあげるとして、その関わりで思い出す名文がいくつかあります。
 科学者であり文学者 寺田寅彦(てらだ とらひこ)の「流言飛語」のことは以前紹介しました、今回はその弟子 中谷宇吉郎(なかや うきちろう)の「立春の卵」という名文を紹介しましょう。

 これを書いているのは2月4日、立春の日なのでちょうどよい話になるとおもいます。

 我らが青空文庫にボランティアの方たちが文字起こししてくれています、感謝を込めて紹介させていただきます。https://www.aozora.gr.jp/cards/001569/files/53208_49866.html

 普通は卵を机に立てるなんてことはできないけれど、実は立春の時にはそれが立つのだという話がテーマです。

立春の卵
中谷宇吉郎

 

立春の時に卵が立つという話は、近来にない愉快な話であった。
 二月六日の各新聞は、写真入りで大々的にこの新発見を報道している。もちろんこれはる意味では全紙面をいてもいいくらいの大事件なのである。
 昔から「コロンブスの卵」ということわざがあるくらいで、世界的の問題であったのが、この日に解決されたわけである。というよりも、立春の時刻に卵が立つというのがもし本統ならば、地球の廻転かいてんか何かに今まで知られなかった特異の現象が隠されているのか、あるいは何か卵のもつ生命に秘められた神秘的な力によるということになるであろう。それで人類文化史上の一懸案がこれで解決されたというよりも、現代科学に挑戦する一新奇現象が、突如として原子力時代の人類の眼の前に現出してきたことになる。
 ところで、事実そういう現象が実在することが立証されたのである。『朝日新聞』は、中央気象台の予報室で、新鋭な科学者たちが大勢集って、この実験をしている写真をのせている。七つの卵が滑らかな木の机の上にちゃんと立っている写真である。『毎日新聞』では、日比谷ひびやの或るビルで、タイピスト嬢が、タイプライター台の上に、十個の卵を立てている写真をのせている。札幌の新聞にも、裏返しにしたお盆の上に、五つの卵が立っている写真が出ていた。これではこの現象自身は、どうしても否定することは出来ない。

 大手新聞社が、立春の時にそういう〈新奇現象〉を一斉に書き立てて、しかも科学者たちが確かめている実験の様子も伝えているのです。

 少し飛ばして、こう続きます。

 ラジオ会社の実況放送、各新聞社の記者、カメラマンのいならぶ前で、三日の深夜に実験が行われた。実験は大成功、ランドル記者が昨夜UP支局の床に立てた卵は、四日の朝になっても倒れずに立っているし、またタイプライターの上にも立った。
 四日の英字紙は第一面四段抜きで、この記事をのせ、「ランドル歴史的な実験に成功」と大見出しをかかげている。立春に卵が立つ科学的根拠はわからないが、ランドル記者は「これは魔術でもなく、また卵を強く振ってカラザを切り、黄味を沈下させて立てる方法でもない。ましてやコロンブス流でもない」といっている。みなさん、今年はもう駄目だが、来年の立春にお試しになってはいかが。

 こうはっきりと報道されていると、如何いかに不思議でも信用せざるを得ない。おまけに、この話はあらかじめ米国でも評判になり、紐育ニューヨークでも実験がなされた。ジャン夫人というのが、信頼のおける証人を前にして、三日の午前この実験に成功したのである。

 なんとアメリカN.Y.でも評判になっているという・・・

 どうして普段立つことの無い卵が立春の日に立つのか?

 マスコミ挙げたその話に、名探偵 中谷宇吉郎が挑むという様な一つのミステリーとして読んでもたのしめる掌作です、ゆっくり読んで10分くらいでは読了すると思います。
 学校でも子どもたちに読んであげてほしいエッセイです、おすすめします。
たのしい教育全力疾走RIDE(たのしい教育研究所)、みなさんの応援が元気の源です。一緒にたのしく賢く明るい未来を育てましょう。このクリックで〈応援〉の一票が入ります!