⭕️ コロナ感染対策として参加者へは殺菌、体温チェックなど公立学校レベルの対応をお願いしています。プラスしてRIDE室内は大型ファン2台で強制吸気と強制換気で排気の流れを作っていますから高い安全性が確保されています
⭕️ たのしく講演・授業・ワークショップ・スーパーバイズ・カウンセリング・企業研修 その他、お問合せください!
⭕️ 2021年たのしい春の講座〈2月27日-土曜10:00~13:00予定〉
⭕️ 教員試験合格SV実施中(要面接)/「たのしい教育メールマガジン(有料)」/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付

たのしい教材〈浮遊する地球儀〉の紹介

 RIDE(ライド:たのしい教育研究所)の大片付けでいろいろなものが見つかっています。これは〈浮遊する地球儀〉です。

 球の大きさは10cmくらい、後ろの珈琲カップはマグサイズでけっこう大き目です。

 よく見ると、支えは何も無く、上下のバーの間に浮かんでいるのがわかると思います、どうしてでしょう?

 磁力で浮いています。

 さて問題。

 この地球儀を回してみます、磁力で浮いている球体はどのくらいの時間回っているのでしょう?

 回すといっても、手の力で軽く回転させるだけです、ビューンと回るのではなく、ゆっくり回転していて、地球儀上の文字をはっきり読み取ることができるくらいです。

 摩擦がなくていつまでも回り続けるのでしょうか。それとも二、三時間で止まるのでしょうか、あるいは5~6分で止まるのでしょうか。
 みなさん、どう思いますか?

 「そんなこと聞かれても、浮いている物体の重さはどうなの? 磁力の強さはどうなの? 気温はどうなの? etc.」といろいろ気になる人もいるかもしれません。

 でもまあ、それは置いといて、空気中に浮いた物体は永遠に運動を続けるのか、すぐに止まってしまうのか、というような大雑把な予想を立ててくれると嬉しいです。

 重要な実験というのは、けっこう大雑把に行われたものがおおいのですよ。

 ということで私も予想してみました。

 それを聞いたRIDEに来てくれていたM先生が「それはおもしろいですね」とビデオ録画しながら実験をしてくれました。

 予想を立てると、間違ってもあたっても必ずたのしく賢くなれます!
 実験の結果は次回おとどけします。

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックが元気のバネです➡︎一緒に〈たのしい教育〉を広げませんか。簡単な方法があります。ここのクリックで〈応援している〉の一票入ります!

2020年12月7日 たのしい教材〈浮遊する地球儀〉の紹介 はコメントを受け付けていません 自由研究 ネタ