⭕️ コロナ感染対策として参加者へは殺菌、体温チェックなど公立学校レベルの対応をお願いしています。プラスしてRIDE室内は大型ファン2台で強制吸気と強制換気で排気の流れを作っていますから高い安全性が確保されています
⭕️ たのしく講演・授業・ワークショップ・スーパーバイズ・カウンセリング・企業研修 その他、お問合せください!
⭕️ 2021年たのしい春の講座〈2月27日-土曜10:00~13:00予定〉
⭕️ 教員試験合格SV実施中(要面接)/「たのしい教育メールマガジン(有料)」/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付

アイロンにとけてこびりついた汚れは○○○○でとる

 研究所でマスク作りをたのしんでいるM先生がアイロンで仕上げをしている時に「あて布がとけてアイロンに黄色い色がついてしまった」となげいていました。

 使えると思った布がビニール系で、煙をあげてとけていったようです。

 アイロンを見ると、しっかりとけついた後がみえました、ごらんください。上側から左半分、中程では左から右までべったり黄色いペイントがついたように見えます。

 たまたま私が「アイロンについた汚れはローソクでおとす」ということを知っていたので、それを伝えると「そういう話は聞いたことがない」とのこと。

 私も本当に落ちるのか半信半疑だったのですけど、ちょうどよいので実験することにしました。

 アイロンのスイッチを入れて低温にします。
 融けてこびりついた汚れの部分にローソクを塗ると、ローソクが溶けていきます。

 ロウが融けたらその部分を雑巾布などにつよくこすりつけます。 

 落ちているのがハッキリ 確認できました。

 それを3回くらい繰り返すと、すっかりおちてしまいました。

 アイロンが熱くなっているので、表面上に溶けてこびりついた布に原子分子もとても動きやすくなります。それが溶けたろうそくと一緒になって落ちていくのでしょう。

 みなさんもチャンスがあればためしてみませんか。

 

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックが元気のバネです➡︎一緒に〈たのしい教育〉を広げませんか。簡単な方法があります。ここのクリックで〈応援している〉の一票入ります!

2020年12月15日 アイロンにとけてこびりついた汚れは○○○○でとる はコメントを受け付けていません 自由研究 ネタ