⭐️New 〈たの研〉への寄付が税の優遇措置・控除の対象となります。ひとり親世帯など経済的に支援の必要な方達へたのしい教育を普及する活動に寄付していただける方、少ない額でも歓迎いたします⇨https://tanokyo.com/archives/158358
⭐️New 手のりブーメランをたのしむ動画⇨https://www.youtube.com/watch?v=nR9LHbrci_s
⭐️ ゆーぬくだんごで島言葉・動画教材➡︎https://www.youtube.com/watch?v=cYA6QgwLZ0k
✨教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付、リモートでのカウンセリングも可能です
⭕️企業研修、団体研修、校内研修についても気軽にお問い合わせください

試験合格の根幹としてテストの意義とたのしさ/ 教員採用試験に合格するには

 教員試験に合格したいのに何度挑戦しても合格できない、そういう悩みをたくさん聞いてきました。

「テスト恐怖症みたいです」と語った人もいました。

「もっとも得点が高かったのは5~6年前に受けた時で、その後は全受験生の中で半分の順位に達することはありません」そういう人もいました。

 その人たちもスーパーヴィジョンを受けて、その人たちも続々と合格していきました。

 いっきゅうofficeの合格SVにはたくさんの智慧と工夫があるのですけど、その一つが〈テスト特訓〉です。

 重要なことは〈インプットとアウトプットのバランス〉です。どれだけインプットできたかをアウトプットで判断する、それがテスト特訓です。

 テストというのは本来そういうもので、自分の力の高まりや、あとどのくらい高めると目標をクリアーできるかを知ることができるメーターの働きをしてくれます。

 必要な情報をインプットしなくては現在の教員試験には合格できません。けれどそれでは全く十分ではありません。
 教員試験本番は〈アウトプット〉そのものだからです。

 先週から今週にかけて、合格SVで合格して学校で元気に活躍している先生たちに集まってもらって〈後輩たちを合格させよう会議〉を実施しました。

 そこで何人もの人たちが力説したのが、いっきゅう先生のテスト特訓の方法・工夫はとてもよかった。
 自分はそれで今の力をつかみながらがんばることができた。
 という話をしてくれました。

 インプットに力を入れているみなさん、アウトプットして合格するのです。

 それは教員試験に限りません。

 こどもたちの学ぶ笑顔が大好きだ、そして今度こそ合格したいというみなさんで、いっきゅうofficeの合格SVに興味がある方は気軽にお問い合わせください。

たのしい教育全力疾走RIDE(たのしい教育研究所)、みなさんの応援が元気の源です。一緒にたのしく賢く明るい未来を育てましょう。このクリックで〈応援〉の一票が入ります!