ソーマジェンガ 先生たちにも大人気

研究所で子ども達と一緒に開発した教材
「ソーマジェンガ」が、先生方にも人気です。

ソーマジェンガは、巨大ソーマキューブ2個組を重ねて、「ジェンガ」のように、下の組み木をとって上に重ねていくという単純なゲームです。

単純ですけどとても難しいので、両手を使ってOKです。

講座の会場の後ろに、遊べるコーナーを作ったのですけど、先生達がかなり高いビルディングを作ってくれました。

わいわい言いながら盛り上がっています。

スクリーンショット 2015-10-10 15.27.25  スクリーンショット 2015-10-10 15.27.38

もしかすると、子ども達が組み上げた高さより高くなっているかもしれません。
そろそろ記録をとっておいて
「ただいまの記録◯◯段」という様に発表しておこうと思います。

ということで

 現在11段が最高の高さです。

みなさんも挑戦してみませんか。

ソーマジェンガは送料が高いので、直接取りにきてくれる方にはお分けしています。

 巨大ソーマキューブ2組セットで 2200円 です。

たのしくかしこい沖縄の教育に
たのしく快進中の「たのしい教育研究所」です

 

ものづくり「ふわふわチョウ」づくり|たのしい教育体験講座

たのしい教育研究所の講座「たのしい教育体験講座」で、吉田さんが
「ふわふわチョウ」づくりを担当しているところです。

スクリーンショット 2015-10-10 15.26.56

とてもキレイな蝶です。

ヨーヨーの様にヒモがついていて、下に落としたり、ゴムの力で上に戻したりできます。
その時にバタバタと羽ばたいてくれます。

スクリーンショット 2015-10-10 15.27.13
参加者みんなのめり込んで、一つだけでなく、いくつも作っていました。

 

沖縄の教育界をますます元気に
たのしい教育研究所です

数で遊ぼう−制限時間4分|学び方コース

学び方コースは中学受験レベルの実力を身に着けたいという子ども達が集まってきてくれました。
しかし、そこで取り上げている内容は、はるかにそれを超えています。

・三角形の内角の和が180度である、という驚き
・連立方程式がいろいろな問題を解くキーになること
・アインシュタインが考えたこと、そして有名な E=MC^2
などなど。

そういう内容であっても、いや、そういう内容だからこそ、子ども達が「休みたくない」と感じてくれている様です。
休憩時間にも、みんなで頭を鍛え合うゲームを続けているところからも、それがわかります。

教科をかえる時の気持ちの切り替えに使おうと思っているゲームの一つを紹介します。
みなさんも一緒に挑戦してみませんか?
制限時間は4分です!

もんだい
各頂点に数字の入った三角形があります。
途中の◯の中に、1〜9までの残りの数字(825以外)を当てはめて、それぞれの辺の数字の「和」が同じに生るようにしてください。
スクリーンショット 2015-09-26 7.11.34

 

解答を載せるとついつい目に入ったりすることがありますし、この問題は、解答できた人には、それが答えだとわかりますから、あえて載せないこととします。

応援団向けのメールマガジンには、こういう内容もいろいろ載っています。
興味のある方はお申し込みください。
このサイトのトップページ左ラインに案内のコーナーがあります。

たのしい教育が教育の未来を開く
全力投球の「たのしい教育研究所」です

円周を求めてびっくり|学び方コースの問題

今週末の学び方コースは、子ども達と保護者の方たちの許可をもらって1時間長めに開催します。

いろいろな問題を解いてみようと準備しているのですけど、その一つを紹介します。
みなさんも一緒に考えてみませんか。

問題
地面から1m上の位置にぐるりと地球とを取り巻いてヒモを結ぼうと思います。地面にぐるりと巻いたヒモよりどれくらい長いヒモが必要でしょう?

 誇張して表現すると下の図になります ⇒ rが1mです。
計算する前に感覚的に、どれくらい長いヒモが必要か
予想してみしましょう。

予想 〔      〕mくらい長いヒモが必要
02_324

では計算してみましょう。
※地球の直径は約1万3000km ⇒ 13000000mです。

円周の出し方は
直径 ✕ 3.14です。
3.14というのは四捨五入すると「3」ですから、「3」で計算してみましょうか。

地球の地面にぐるりとヒモを巻くとどれ位のヒモが必要か?

 13000000✕3=39000000m … (A)

 では、地上から1m浮いた位置にヒモを巻くとどれ位の長さになるか?
直径で考えますから、両端に1mずつ長くなります。
すると直径は13000002mです。
計算しましょう。

 13000002✕3=39000006m …(B)

先ほどの(A)との差は

39000006m−39000000m=6m

なんと、たった6mの差しかありません。

地球に巻くヒモに6m足せばいいというのは、わたし的にはびっくりしました。

 ちなみに直径がいくら、ということに関係なく「その円周より1m長い円周」というと、6m長いヒモが必要だということになります。つまり、火星の周りであっても、水星の周りであっても、地上1mの距離にぐるりとヒモを巻くと、ということなら6m長いヒモが必要だということになります。
このところも、おもしろいですよね。

賢くたのしい学力向上は
たのしい教育研究所にお任せください

ちなみに、3.14で計算すると 6.28mです。