• [一般の方向け] 2020年2月29日(土)春の出会いも別れもたのしい教育/02.17~21出前児童館(無料)大人のみボランティア参加可能/教員採用一次試験合格スーパーバイズ/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • たのしい植物入門 ゴボウ/子ども達も先生達も興味をもってくれたお話し

     ゴボウという植物には以前から興味関心を持っています。先日、研究所に学びに来ている先生たちにゴボウの話をしたところ、「喜友名先生から聞いたゴボウの話が頭から離れません」という感想が届きました。
     ここにも少し書いてみようと思います。

     ゴボウを普通に食べる国民は日本人くらいだといわれていて、「日本人は〈木の根っこ〉すら食べている」と考える外国人もいます。そしてゴボウを食材として利用している日本人に、海外の人たちは驚くのが普通の反応の様です。

     たしかにゴボウだけ見れば〈木の根っこ〉に見えないことはありません。

    木の根っこ ゴボウ

     

     先ほど書いた「ゴボウは木の根っこだ、と考える人たちがいる」ということについて、太平洋戦争後の軍事裁判に、こういう話が残っています。

     国会の参議院法務委員会で法務省の局長斉藤三郎の答弁です。

     俘虜収容所の所員が、終戦真際食糧が非常に不足している。これに対して「できるだけいい食物を与えたい」というのでごぼうを買つて来て食わした。その当時 ごぼうというのは我々はとても食えなかつたのだ。我々はもう大豆を二日も三日も続けて食うというような時代で、ごぼうなんてものはなかなか貴重品であつ た。

     そのごぼうを食わしたところが、それが「乾パン代りに木の根を食わして虐待した」というので、五年の刑を受けたという、こういう例もある。

    wikipedia

      日本軍が食事として出したゴボウが〈拷問や虐待〉に当たるとして、それに関わった人が刑罰を受けたというのです。

     そのゴボウ。
     地面から上の部分、茎や葉はどうなっているでしょう?
     外国人が誤解しているごとく、この写真の様な樹木に近いのでしょうか。

    %e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%84%e6%a4%8d%e7%89%a9%e5%85%a5%e9%96%80

     それとも一見、普通の野菜に見えるのでしょうか?
     普通の野菜みたいだとしたら、ピーマンタイプでしょうか、それとも葉やさいタイプでしょうか。

    ピーマン

    「ピーマン 栽培」の画像検索結果
    葉やさい
    まず、予想を立ててみましょう。

    ⬇︎

    3

    ⬇︎

    ⬇︎

    ⬇︎

    実は上に出した「葉やさい」の写真がゴボウです。
    下の写真は土の下の部分と上の部分のゴボウの姿です。
    葉やさいタイプですね。
    それにしてはずいぶんどっしりした根ですね。
    でもニンジンだって茎や葉に対してしっかりした根です。
    品種改良の結果なのでしょう。

    %e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%84%e6%a4%8d%e7%89%a9%e5%85%a5%e9%96%802

     高校入試や教員採用試験の理科で「ひげ根」「主根・側根」を問う定番の問題があります。
     ゴボウは「主根と側根」タイプです。
     食べるゴボウの部分が主根です。
     その周りについている細かい根が「側根」です。
     すると、ゴボウは「双子葉植物」だということになるのですけど、その話はチャンスがあればいずれまた。

    問題を続けましょう。

    ゴボウには花が咲くのでしょうか?

    咲きます。
    仮説実験授業研究会が作成した「花と実」という感動的な授業書がありますから、チャンスがあればぜひ授業を受けてくださいね。
    たのしい教育Cafeで授業にかけたこともありましたから、またいずれ講座などでとりあげるかもしれません。

    では、ゴボウの花ってどんな花でしょう?

     予想してみましょう。
     色は? 形は? 大きさは?

    ⬇︎

    3

    ⬇︎

    ⬇︎

    ⬇︎

    アザミに似た花が咲きます。
    4cmくらいの花です。
    これがゴボウの花です。

    ゴボウ

    アザミもそうですが、ゴボウも「キク科」の植物。
    菊の仲間です。

     栽培は砂地でないと難しいようで、わたしも挑戦してみましたが20cmくらいのゴボウにするのがやっとでした。
     興味がある人は、ぜひ栽培の仕方なども調べて挑戦してみてください。

    ということで、 話はまだまだ続きますすが、「ゴボウ」に興味を持ってくれたみなさんは、ぜひ自分でも調べてみませんか。

    今回はここまで。

    たのしいく賢く「たのしい教育研究所」です。

    よく読まれている記事