⭕️ コロナウイルスをはじめとする感染対策は一般の施設、学校以上のレベルを維持しています
⭐️ たのしく講演・授業・ワークショップ・スーパーバイズ・カウンセリング・企業研修 その他、お問合せください!
⭕️ 教員試験合格SV希望者募集中(要面接)
⭐️「たのしい教育メールマガジン(有料)」
⭕️
教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付

フィールドでたのしむ 虫たちのたのしい教育プログラム

 コロナ感染予防で沖縄の高校は全校休校、多くの小中学校も休校となりました。いろいろな先生たちの話によると、子どもたちは(学校時間は)家から出ない様にと指導されているという話ですけど「三蜜にならないところには出ない様に」という指導はできないものだろうか。
 夏休みが減るという話らしいので、休校中は夏休み先取り的なことにして「ただし、友達と密接型で過ごさない様にしてください」とか「三密になる様なところに行かない様にしましょうね」ということにして、フィールドで虫捕りとかはよいのだと思うのですけど、どうでしょう。

〈家庭内感染〉も高いという統計結果を目にしますから、風通しよい外で虫取り網を手にセミを探すというのは、とてもよいことだと思うのですけど・・・

 さて、とても良い天気だったので、虫たちのたのしい教材づくりができないかと、フィールドに出ました。

 

 まず見つけたのはカマキリ。
網で捕獲してカゴに入れようとするときも、網を通してでもしっかりした力で攻撃してくるのがわかりました、さすがハンターです。

   こういうたまごもみつけました。


 明るい時間だったのですけど、コウモリも見つけました。

 カマキリの観察に、たのしい教育研究所(RIDE)に戻るとウェルカム担当ア~ルが、とても興味をもって観察していました。

 最近はデスクワークが多いので、意識してフィールドに出る必要があるなと思っています。を歩くと、たのしいことがいっぱいあります。

 毎日たのしい教育に全力投球のたのしい教育研究所(RIDE)みなさんの応援をお待ちしています、一緒にたのしい未来を育てませんか。このクリックで〈応援〉の一票が入ります、〈たのしい教育〉を一緒にゆっくり広げましょう!

 

2021年6月12日 フィールドでたのしむ 虫たちのたのしい教育プログラム はコメントを受け付けていません 自由研究 ネタ