⭐️New 〈たの研〉への寄付が税の優遇措置・控除の対象となります。ひとり親世帯など経済的に支援の必要な方達へたのしい教育を普及する活動に寄付していただける方、少ない額でも歓迎いたします⇨https://tanokyo.com/archives/158358
⭐️New 手のりブーメランをたのしむ動画⇨https://www.youtube.com/watch?v=nR9LHbrci_s
⭐️ ゆーぬくだんごで島言葉・動画教材➡︎https://www.youtube.com/watch?v=cYA6QgwLZ0k
✨教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付、リモートでのカウンセリングも可能です
⭕️企業研修、団体研修、校内研修についても気軽にお問い合わせください

東大をはじめとして難しいといわれる大学に合格する方法

 突然、受験に関するいろいろな質問が届き始めました。きっと小学校の頃に〈たの研でたのしい教育〉の特訓を受けた子たちの全員がその後ストレートでいろいろな大学に合格していったからでしょう。中には東大に合格した子も出ましたから注目を受けているのだと思います。

 ちなみに、小さな組織のたのしい教育研究所ですけど、教員試験に関わる〈スーパーヴィジョン〉を数回受けた人たちの合格率は、いわゆる塾の合格率と比較できないほど高いものがあります。管理職試験の合格率は100%です、受けたいという方たちは多いのですけど、管理職は先生たちへの影響がとても大きいので、関係者からの推薦を基本にしています。〈文章ドクター〉で全国的な賞を手にした人たちもいます。
 会社への面接や試験などで相談にくる方もいます、結果全体を把握しているわけではありませんが、ほぼ100%の合格率でしょう。
 そういう成果を見ても、たのしい教育の可能性・爆発力はかなり高いと思います。

 ではどうすれば合格できるのでしょう、東大を例にとってみましょう。

 人間は機械ではありません、コンピュータなら電源を入れてキーを叩いて命令すれば、その通り忠実に仕事をこなすでしょう。生き物である私たち人間は、自分の興味関心が作用して高い成果をあげることができるのです。

 もちろん褒美や罰で誘導することもできるでしょう。ところがそれは他から与えられるものなので不安定だったり、どんどん量を増やしていかなくては効果が出なかったりします。

 自分の中に学ぶことに対するたのしみができたら、外からの燃料は必要なくなります。

 これは〈語るは易やすし〉です、実際にたの研で学ぶことの喜びをどんどん味わっていくことです。そして予想の立て方や結果を大事にみていくことを体感していくことです。

 そういうことを提供できる「こども未来学校」をまたいつか開講したいと思います、希望する人は今からお問い合わせください。

 ただしこどもは嫌がるのに大人が強引に申し込むというのはノーグッドです、こどもにはこどもの人生があります。それを見てあげられる大人が、その子の可能性を広げることができるのです。嫌がってもやらせるというのは、その対極です。

 たの研に質問しようと思った方たちの何割かの方たちのその質問には答えになったとおもいます。

たのしい教育全力疾走RIDE(たのしい教育研究所)、みなさんの応援が元気の源です。一緒にたのしく賢く明るい未来を育てましょう。このクリックで〈応援〉の一票が入ります!