リュウキュウハグロトンボを発見

 

来週、宮古島から依頼のあった親子授業の内容を考えようと、
車を走らせ北部の川に行きました。

特に川でなくてよかったのですけど、なんとなく、
ずいぶん川に行ってないなと思って…
岸辺に降りてみると、川面にたゆたうリュウキュウハグロトンボを見つけました。
私の好きな、とても美しいトンボです。
しばらくして、私のすぐ近くにとまりました。
嬉しいに(^^
もう、私の住んでいる沖縄本島の中部では、
石川岳の清流まで行かないと見る事ができません。

忙しい日々の、ホッとするひと時でした。

リュウキュウハグロトンボ

「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか-いいねクリック=人気ブログ!=

たのしい授業・映画はやめられない-新しい二冊の本を出版しました

あたらしい本ができました。

仲間たちが、わたしの発行しているメルマガをまとめてくれた本です。
0~44号までの内容がそのまま入っています。

ガリ本
『教師はやめても映画はやめられない』 A5版約200ページ  1600円
 週一本は映画館で映画を観て、その他にもDVD鑑賞を欠かさない喜友名が、おすすめ映画情報や映画の見方・考え方を書いた渾身の一冊です

『たのしい授業はやめられない 』 
A5版 約350ページ  2000円
 これは読んでおきたいたのしい授業の発想法・哲学(板倉聖宣)と、学級や家庭で気軽にたのしめる、おすすめたのしい授業とをまとめた一冊です。(好評につき完売

 申し込みは 住所・氏名・希望の本・冊数を記入の上

こちら まで(送料は無料)

「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか-いいねクリック=人気ブログ!=

「たのしさ」とは-ガリレオの生き方から

「たのしい教育研究所」という名称についてさらに続けます。
ガリレオは、振り子の動きの規則性を研究しました。
それは医学を学んでいた彼にとって、脇道といえるものでした。

しかし彼はその研究がたのしくてやめられなかったのです。
結局彼は、医者の道ではなく「科学者」としての道を歩み始めます。

彼のその時の研究がなければ、科学は今よりずっと遅れていて、
車が道を走っているのもずっと後の事になっていたはずです。

ガリレオは後年、天体の動きについて研究し、
教会から「死刑にするぞ」と脅されました。
結局、ある方法で死刑を免れたのですけど、
命を脅かされてもなお、彼は研究をやめることはできませんでした。

その内容に迫る本質的な活動は「たのしい」のです。
たのしい教育研究所の掲げる「たのしい」という文字は、そういう意味を含んでいるのです。

1日1度のここの「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか➡︎ いいねクリック=人気ブログ!=ジャンプ先でもワンクリックお願いします!

平和をつくるには/沖縄を背負って立つ子ども達と先生達、それを応援する大人の重要性/平和の礎で

教師を辞めてからやりたかった事の一つが「平和の礎に一人で行くこと」でした。

 毎年、修学旅行の引率などで、その場所に足を運んでいたのですけど、やはり一人で落ち着いて、戦争で犠牲になった方達の事を考えてみたいと思っていたからです。

 学生の頃から、政治活動からとても遠い位置に身を置く私ですけど、だからこそ、平和を築く力が伴う賢い子どもたちを育てたいと思っています。

子ども達の平和についての作文を読んだり、意見を聞いたりすると
「平和を願います」
「私は平和な世の中が好きです」
「戦争なんてやってはいけません」
というセリフがたくさん出て来ます。

それであえて、かつて書いた劇の脚本に
「平和は願っているだけではかなわない」というセリフを重要なテーマとして位置づけました。

みんな平和が好きなのです。
しかし、その平和を築くには、沖縄をしょって立つ子ども達、先生たち、それを応援する大人達の知恵と勇気が必要なのです。

さて、平和の礎では、昨日、首相やら来て物々しかったので、一夜明けた今日行ってみました。

まぶしい青空の下できざまめ他犠牲者の方々…その多さに、
やはり涙がほほをつたっていました。

平和の礎

 沖縄そのものが、平和で民主的な世の中を形成する礎とならなくてはいけません。その為にも、沖縄で〈たのしい教育〉が深くたくましく根を広げなくては、と本気で思っています。1日一回の「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか-〈人気ブログ〉いいねクリック⬅︎ジャンプ先のページでもワンクリックお願いします