⭕️ 教師向け〈病休・育休等長期休み〉からのリターンtoワーク3回コースがプログラム化されました、関心のある方はお問い合わせください
⭐️「たのしい教育メールマガジン(年購読12,000円-講座等の割引あり)」
⭕️教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付、リモートでのカウンセリングも可能です

教育基本法〈人格の完成〉とは子どもの可能性を伸ばしていく過程で仮に想定したもの

たのしい動画教材プログラム-YouTubeができました!

 雨の日の生きた学力・たのしい学力向上の記事について、嬉しい感想をいくつもいただきました、ありがとうございます。続きをと書き始めたのですけど、冒頭の部分がふくらんだので、前段部をのせたいと思います。

 雨の日の生きた学力の続きです、今回も梅雨時期のイキイキした植物たちを紹介したいと思います。
 ところで学校には生活科や理科、日常の活動などを通して子ども達が植物に触れる機会はたくさんあります。それがこども達の賢さとなり人生の豊かさに繋がって、こども達の可能性を伸ばしていくことが教育の大きな目標です。

 ところがそういう説明は教育基本法にはありません、教育基本法には筆頭〈教育は人格の完成を目指し〉と記されています。

第一条 教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。

 ところで、人間に〈完成された人格〉というものがあるでしょうか?
「あなたの人格の完成形はこうですよ。そちらのあなたが目指すのはこの完成形ですよ」なんてあるわけありません。

 もし皆さんが誰かにそう言われたとしたらどう感じるでしょう?
 完成形なんて誰にもわからない。そもそも、あったとしても完成形に到達できるのか? 無理でしょう。

 あらかじめ〈全体の人格の完成形〉を設定して教育していくとしたら、かつて日本が歩んだ〈滅私奉公〉的な人格を育てた様な過ちをまた犯してしまうことにもなる。

 世界大戦終戦後すぐにまとめられていく教育基本法の議論の中で、「人格の完成」という言葉が不用意に入り込んだために、そうなったのだと思います。

 そういうことを考えながら〈教育基本法〉について調べてみると、私と同じ問題意識を持っている人たちは国会議員にもいたことを知りました。

 2006年、「教育の第一義的責任は家庭にある」ということを明らかにするために教育基本法が改正されたのですけど、その過程で国会でこういう議論がかわされています。「第164回国会 教育基本法に関する特別委員会 第12号 平成18年6月8日衆議院会議録」を文意はそのまま校正

中井洽
 政府案では、第一条冒頭「教育は人格の完成を目指し」とございます。これは現行法と同じであります。
 人格の完成というのはどういうことを言うのでしょうか。
 また大臣は、人格が完成したというのはどういう人だとお思いになっていらっしゃいますか。

小坂文科大臣
 
それでは人格の完成とはどのような人なのか例示してみろ、こう言われたら、これは私は例として申し上げる人はおらないわけでございます。すなわち、人格の完成というのは、私は神のことだと思うのでございますね。ですから、神のような全知全能を備えたものを目指すといっても、これは到底到達できるものではございませんだからこそ目指すのであって、それが実現するということは恐らく一生を通じてなし得ないかもしれない、しかし常にそれを目指せということで、「人格の完成を目指し」と言っているんだと私は思っておるわけでございます。

中井洽
 教育で神のような人格完成を目指すというのは本当にできるのでしょうか。また、そんなことが目標というような法令でいいものかと僕は思わざるをえません。

https://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigirokua.nsf/html/kaigirokua/015816420060608012.htm

 

 教育基本法の文面に〈神〉を想定しているということに驚かされます、それは別に議論するとしても、法を提案する側が「到底、到達できるものではない」と言い切っていることは注目しなくてはいけません。

 教育は〈その人が生き生きと可能性を伸ばしていくたゆまない過程〉の先にある豊かで幸せな姿を目指していると考えてよいでしょう。もしも〈人格の完成形〉があるのだとしたら、その先にあるのだと。

 話がメルマガの発想法の章の様になってきました、学校の生活科や理科、日々の活動の話からはじまりました。教育は〈こども達の可能性を高め続けていく過程〉ですから、生活科や理科、日々の活動もそれに繋がるものであってほしい。毎日毎時間がその連続であってほしいけれど、現状でそれを要求するのは難しいでしょう。
 けれど少しずつそういう時間を増やしていきたい。
 そういう視点でこのサイトも御覧ください。

つづく

たのしい教育全力疾走RIDE(たのしい教育研究所)、みなさんの応援が元気の源です。一緒にたのしく賢く明るい未来を育てましょう。このクリックで〈応援〉の一票が入ります!