• [一般の方向け] 12.29(日)たのしい授業力実践講座/教員採用一次試験合格スーパーバイズ/11.16~20出前児童館(無料)大人のみボランティア参加可能/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/2020年1月12日(日)科学読み物講座&おきなわ石さんぽ/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • 学校、家庭、地域で笑顔と賢さを広げることができるメールマガジン 大好評、購読者募集中。

     学校、家庭、地域で賢い笑顔を広げる教育を学ぶことができるPDF版メルマガ〈たのしい教育メールマガジン〉が好評です。
     〈実践方法〉それを支える〈理論・哲学〉、自分の見方考え方・たのしみを広げる〈映画の章〉など毎週充実した内容をお届けしています。


     以前〈発想法・哲学〉の章にとりあげた内容の1/4くらいを抜粋してみます。

    板倉聖宣の講演から

    〈楽しい授業〉というのは、もともときれいごとじゃなかったんです。
     「楽しい授業なんてできっとない」と思われたから、それを〈きれいごとだ〉と思う人もいなかった。
     そこで私は〈楽しい授業〉というスローガンを掲げたんです。
     ところが今になって〈きれいごとだ〉と思う人がでてきたんですね。いろいろな雑誌の記事などを読むと、タイトルに〈楽しい〉と掲げただけで満足しているようなものが出てきたからです。

     私どもの雑誌も特集なんかを組むと困るんです。
     表題が『たのしい授業』というんですから〈楽しい算数の授業〉とか〈楽しい国語の授業〉とか、みんな楽しいがついちゃう。そこらじゅう〈楽しい〉が洪水になったから、〈いかにして「楽しい」という表題にしないか〉ということには苦労するんです。
     こちらとしては「あたりまえじゃあないか」と思うんだけど、やっぱり、「算数の授業なんか楽しくならないに決まっているんじゃあないか。何とかは楽しくないに決まっているじゃあないか」と思う人がいるから、やっぱり〈楽しい〉とつけたい。 〈これは楽しくなりますよ〉と。それでも、〈表題が『たのしい授業』だからもういいじゃあないか〉というふうにまた思うんだけれども、やっぱりそういう名前を付けたいなあという気がしたりするんです。

     それくらい、楽しい授業なんてそう簡単にできるもんじゃないのです。
     そうだけれども、〈できっこない〉という人が現われれば、「いや、私達は少なくともごの授業はできますよ」というふうに言うことができるでしょう。そういう具体的な教材で言えるくらいになりました。 つづく

     購読は有料(月800円、年まとめ9600円で申込み)で、その費用は〈たのしい教育〉の普及に利用させて頂きます。問い合わせ・注文⇒こちら 
     ※タイトルには〈メルマガ注文〉あるいは〈メルマガ質問〉としてお書きください

    一緒に〈たのしい教育〉を広げて賢い笑顔を育てる活動に参加しませんか。〈簡単な方法〉があります。このリンクのクリックで少しずつ拡がります!

    良く読まれている記事