沖縄県 教育事情 教員採用試験に関連しての質問から

 沖縄県 教育事情というテーマでは、いろいろな質問がやってきます。中にはマスコミに類するところからの質問で、批判まじりに「テストの得点は上がっているといいますが、本当に沖縄県の子ども達の学力は高まっていると考えていますか?」という様な質問がくることがあります。たのしい教育%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%aa-%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%82%92%e7%b5%b5%e7%94%bb%e3%81%ab研究所は「感動と学ぶことが一体となった教育」を《提唱する組織》です。批判や中傷に類するものは丁寧に避けています。逆に「たのしい教育活動に関わる」ということなら、たとえば沖縄県の教員採用試験に関わることにも、分かる範囲で丁寧に答えさせていただいています。もちろん公的に沖縄県 教育 委員会の提示する内容ですから、必ずそのサイトを案内しています。こちら ⇨ 沖縄県 教育委員会

 さて某日、県外の方から「沖縄県の教師になりたいです」ということで質問が来ました。
 このサイトを見に来てくれる方達はどんどん増えていますが、そのほとんどが「たのしい教育」に興味関心を持ってくれている人たちだと思います。たのしい教育を推進する方達が増え、沖縄県の教育が日本一に育つステップの一つとして、少し詳しく書かせていただきまました。その内容の骨子をここにまとめす。
 もちろんいつもの様に個人情報に関しては伏せています。

質問の要旨は

1.沖縄の小学校の教師を目指しているのですが、沖縄の教員採用試験では県外の人を採用する傾向はあるのでしょうか?

2.合格した場合、慶良間諸島など、離島を希望することはできるのでしょうか?

でした。

以前、2と似た質問で
・沖縄県 教師として採用になると必ず離島に行かなくてはいけないのでしょうか?
という質問が来たこともありました。
 その答えにもなると思います。

 沖縄県の数ある有人離島の約八割を回って授業してきた経験上言わせていただくと、沖縄の離島には(もちろん本島にも)とにかく魅力に満ちた場所に溢れています。
 この写真、左は座間味島で私が中学の頃仲間たちと初めてキャンプに行った記念する処です。右は阿嘉島です。現在は沖縄島から高速船クイーン座間味の直行でほんの50分ほどです。わずかそれくらい移動すると、もう本島ではみることができない美しい島々の姿に触れることができます。沖縄はしみじみと、いい処だと思います。

%e5%ba%a7%e9%96%93%e5%91%b3%e5%b3%b6%ef%bc%88%e5%b7%a6%ef%bc%89%e3%83%bb%e5%98%89%e6%af%94%e5%b3%b6%ef%bc%88%e6%89%8b%e5%89%8d%ef%bc%89%e3%83%bb%e9%98%bf%e5%98%89%e5%b3%b6%ef%bc%88%e5%8f%b3%ef%bc%89 さて質問の2番目の質問から答えさせてください。

 その年で採用条件が異なったり、わたしが小学校の教師として勤務していた時、毎年校長先生から説明を受けていた〈沖縄県 人事異動方針〉がありました。毎年変わるものではありませんが、数年ごとに見直しもあります。もしもそれがweb上で見つかれば、それを一番の拠り所にしたほうがよいと思います。わたしが見た限りでは公開されていませんでした。

 これから書くことは私の記憶によるものですし、年々異なっている可能性もありますから、あくまで「参考」として読んでください。

 教員の採用や人事異動に関わる項目の中に
・本務の教師は同一学校5年勤務を標準として、三年勤務後は希望により移動が可能
・沖縄県公立学校の教師として採用された者は三年後は移動してもらい、その際、離島で勤務することもありうる

という趣旨の説明を受けていました。
 たとえば「来年この学校に初任の先生が来る可能性もありますが、その先生は皆さんの様に5年配属ではなく、3年で他の学校に移動することになります。その際、離島勤務の可能性も多々あります」ということです。

 たのしい教育研究所には、教材が欲しい、という方や、相談がある、スーパーバイズして欲しい、アドバイスをいただきたい、という様に、たくさんの先生方が来所します。その方達から聞いた話によると、かなり特殊な事情がない限り、採用されて3年後は移動しています。ただし需要と供給の関係があり、初任三年後に全員が離島にいく、ということは現状としてありません。離島を希望していたのに行けなかった、という方もいますし、逆の方達もいます。

 また、宮古島や八重山など大きな離島ではじめから採用される初任者もいます。たとえばこれは宮古島で採用された小中学校の初任者の方達の研修記事です。

%e6%b2%96%e7%b8%84%e7%9c%8c-%e6%95%99%e8%82%b2%e5%a7%94%e5%93%a1%e4%bc%9a-%e5%88%9d%e4%bb%bb%e8%80%85%e7%a0%94%e4%bf%ae

 1番目の質問に戻ります。
「沖縄の小学校の教師を目指しているのですが、沖縄の教員採用試験では県外の人を採用する傾向はあるのでしょうか?」

についてです。

 このサイト内にもどこかにも書いたことがありますが、教員の採用は選考によるものとする、と教育公務員特例法に記載されています。

第三条 学長及び部局長の採用(現に当該学長の職以外の職に任命されている者を当該学長の職に任命する場合及び現に当該部局長の職以外の職に任命されている者を当該部局長の職に任命する場合を含む。次項から第四項までにおいて同じ。)並びに教員の採用(現に当該教員の職が置かれる部局に置かれる教員の職以外の職に任命されている者を当該部局に置かれる教員の職に任命する場合を含む。以下この項及び第五項において同じ。)及び昇任(採用に該当するものを除く。同項において同じ。)は、選考によるものとする。

これは「選考以外は認めない」という強い規定です。

 ですから、単に点数による採用ではなく、たとえば地域の自然や文化に優れた者を数名程度採用するという様なことも可能です。
 しかし現状として沖縄県の少なくとも一次試験では「点数の上位から採る」ということですすめられています。つまり県内の人材だから、県外から来ているから、ということでの差は生じません。

 2次試験は「その人材を見極める」わけですから、県外から沖縄を受験した方もそこで、なぜ沖縄を選んだのか、あなたのアピールが届く様に全力をつくせば合格に至るでしょう。ちなみに教育研究所の採用試験特訓を受けた方の合格率はとても高く、2次試験はほぼ9割以上をマークしています。これまで数回2次で落ちたという人たちはほぼ100%近い確率で合格しています。「たのしい教育」に興味関心が高いという方なら受け入れる可能性も大きいので、その時にはお声がけください。

 このサイトには先生を目指す人たち向けの内容もいろいろ書いてあります。サイト内検索の窓に「採用試験」と打ち込んで検索してみるといいと思います。

たとえば⇨こちら
「沖縄県 教育:沖縄県教育委員会作成の「沖縄県の学校の先生になろう」より

いろいろ書きましたが、「参考」としてお読み下さい。

たのしい教育が未来の明るい日々を育てる!
「たのしい教育研究所」です

「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか-いいねクリック 人気ブログ!-

板倉聖宣 仮説実験授業研究会代表の「正義と民主主義の問題としてのいじめ」で読解特訓

 私が教師になった頃、板倉聖宣(仮説実験授業研究会代表・日本科学史学会会長)の「正義と民主主義の問題としてのいじめ」という話を読み衝撃を受けました。雑誌「たのしい授業」の1985年3月号に掲載されています。

 さて、研究所には「国語の読解の力を高めたい」という方達がやってきます。読解力を高めるには、感動を伴った上質な文章を読むことが不可欠です。そこでさっそく、その方達向けの読解プリントとして、板倉聖宣のその文章を準備しました。教員採用試験の特訓でも利用しています。
 これです。

%e6%9d%bf%e5%80%89%e8%81%96%e5%ae%a3-%e6%ad%a3%e7%be%a9%e3%81%a8%e6%b0%91%e4%b8%bb%e4%b8%bb%e7%be%a9%e3%81%ae%e5%95%8f%e9%a1%8c%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%ae%e3%81%84%e3%81%97%e3%82%99%e3%82%81

 少し書き抜いてみましょう。

正義と民主主義の問題としてのイジメ
たのしい授業公開編集会議にて
                 板倉聖宣1985年1月26日

イジメというのは昔からあったわけです。
 近年は新聞とかテレビなんかでも社会的な大問題として取り上げられますが、はたしてそれが「雑誌 たのしい授業」でもとりあげるほどの問題であるのかというと、じつは「イジメの根本をはっきりさせないままに、あるいはまるで見当違いな診断をもとに現象だけが大問題扱いされること」が大問題なのです。そういう意味では明らかに「雑誌 たのしい授業」でとりあげてもいい問題だと思います。

 正義のあるところにイジメあり
 イジメる側には必ず何らかの正義感-〈汚い奴をきれいにしてやろう〉とか〈勉強できない奴を向上させてやろう〉とかいうことがあってシゴくと思うんです。それは多かれ少なかれ「自分自身はかつてそのようにシゴかれて向上した」という経験があるからでしょう。たいていの人は「あの時はつらかったけど、あのおかげで現在の自分がある」と思い当たる。だから「たとえ本人がいやがっても、どうしても教えてやらなきゃならないことがある」ということを否定できる人は少ないんです。イジメが発生する根底には、そういうことがあると思います。
 生まれてから一度も叱られたことがない人がいたとしたら、そういう人の対応はちょっと普通と違ったものになるかもしれませんけどね。

 教育というのはたえずシゴキになる危険性があるわけです。

 文章はプリントにして4ページ続きますが

 最近の子ども達がおかしくなったのではない。いじめというものは昔からあった。 《いじめを許さない》という対策は「いかにいじめのサインを早急にキャッチするか」という議論になるが、もっと根本的なことがある。
 教育というのは〈鍛える・高める〉という名の下に、たえず「いじめ」に陥る可能性が潜んでいるのだ。だから
教師の授業そのものが、いじめに陥っていないかを考え、子ども達が喜んで学ぶ、たのしくい授業に転換していくことが、いじめの根本的な解決に結びつくのである。

 というその内容について、迫力をもって伝えてくれています。

 たのしい教育研究所は、その思想・発想を確かな基としています。

 鍛えるとか高めるという様なものとは別な〈異常ないじめ〉というものもあるでしょう。しかし確かに、教育という名のものに、正当に横たわっている「いじめ」があります。「できない奴は運動場10周」という様なものだけでなく、精神的な苦痛を与えることがたくさんあるのです。

 一人一人が自らの知的好奇心を元に学び、家族の人たちに「そろそろ寝たら」と言われるくらい熱心に学習・研究する子ども達・大人達をどんどん増やしていく活動が「たのしい教育研究所」の本領です。

  今回、読解特訓のプリントとして取り上げたのですけど、読んだ先生達にも強く影響を与えた様です。30年前のものとはいえ、まだまだ伝えていかなくてはいけないのだと思っています。そうやっていつか、「学校には〈鍛える・高める〉と称した〈いじめ〉が横たわっていた時代があったんだ」という様に「過去形」として語られる時代をつくらなくてはいけないと思っています。

「いいね」クリックで広がる〈たのしい教育〉-人気ブログ!-

沖縄県 教育 笑顔
そしてそれを全国・世界へ
たのしい教育研究所はますます元気に活動しています

たのしい教員採用試験特訓 合格カウンセリングから

 教員採用試験合格に向けて、たのしい教育研究所の門をたたく方達が増えてきています。

教員採用試験合格 研究所で学ぶ方達の合格率の高さに驚いて相談に来る方達もいます。

 その合格率を見て〈もともと高い成績の人たちに特訓をしているのではないか〉と考える人たちもいるかもしれませんが、全くそういうことはありません。

 わたしたちが支援する時に、それまでの成績で判断することはこれまで皆無です。
 見ているのは「たのしい教育」に強い興味関心を持っているのか、そしてその人の教師としての可能性です。

 幸いなことに、ほとんどの方達がわたしの合格カウンセリング後に、すぐに本気で受験勉強に取り掛かってくれています。

 不思議なことですが、こちらが支援しようと思う方達は、子育て中のお母さん達の割合が予想していたよりずっと高い状況です。
 もしかすると、母親としての感覚で直感的に「たのしい教育の重要性」を感じてくれているのかもしれません。

 今日も複数の方達の〈合格カウンセリング〉を実施しましたが、全て子育て中のお母さんでした。

 容易に想像できると思いますが、子どもを育てながら困難な受験を突破するというのは並大抵のことではありません。
〈1日何時間 合格に向けた学習ができるのか〉について、かなりの工夫が必要となります。

 これはカウンセリングの中で、あるお母さんと、1日の起床時間から就寝時間までを具体的に見ながら、具体的にいつ、どこでどういう様な学習ができるのか、を一緒に組み立てている場面です。

%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%84%e5%8f%97%e9%a8%93%e5%ad%a6%e7%bf%92%e3%80%80%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%84%e6%95%99%e5%93%a1%e6%8e%a1%e7%94%a8%e8%a9%a6%e9%a8%93 幼い子どもがいますから、その面倒をみながら取り組める学習方法、例えばiPhoneなどスマホを利用した学習も具体的に提案します。

  たのしく実力ある教師が増え、その人の幸せはもちろんのこと、その人の周りの子ども達が賢く元気になり、保護者の方達の笑顔も増える、そういう日々は遠い遠い未来のことではありません。
 一歩一歩着実に成果をあげている、たのしい教育研究所の日々です。

たのしく実力ある先生を育てる特訓 社会のテキストづくり

 教員採用試験合格に向けてすでに研究所にはいろいろな先生たちが特訓に訪れます。「理科や算数・数学が苦手です」という方達に、教える時、理数的な見方・考え方を伝えることは必需です。
 私自身が理数が好きなので、理数でしっかりと得点できている人たちがたくさん出ています。
 研究所に特訓を受けに来た受験生の教員採用試験合格率が7割だというのは、その効果です。
 大学入試を三、四年前に受けた人たちと勝負して合格していくわけですから、7割という数字はとても大きいのです。

 さて、今回考え始めているのが「国語」と「社会」の得点UPです。
 国語も大好きなのですが、特訓で「国語」の問題を取り上げると、解くことにかなりの時間がかかるので躊躇してしまいます。

  そこでまず「社会」をターゲットにして、基礎編のテキストづくりに取り掛かっています。研究所の門をたたく先生たちが、来年「喜友名先生合格しました!」といってくれる笑顔をたのしみに、気合を入れて作成をすすめています。

 特訓にと門をたたく方達に配布して、効果のほどを確かめつつ、いいものを作っていこうと思います。

%e6%95%99%e5%93%a1%e6%8e%a1%e7%94%a8%e8%a9%a6%e9%a8%93-%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%84%e7%a4%be%e4%bc%9a-%e3%83%86%e3%82%ad%e3%82%b9%e3%83%88

たのしく賢く元気に教育をすすめる先生達が増えていくことは
社会にとても大きな成果をもたらしてくれます
一歩一歩着実にすすむ
「たのしい教育研究所」です