これまで頂いた寄付金・助成金の一部

「たのしい教育研究所」は、たのしい教育活動を展開するための活動資金をいろいろな団体・組織、個人の方達、ミニグループから助成していただいております。心から感謝いたします。
その感謝の気持ちを、いただいた資金の何十倍もの活動に換えて
全力で取り組ませていただきます!

かいほう銀行 助成金

スクリーンショット 2015-12-09 18.04.23

H26 国土交通省 地域づくり活動支援体制整備事業

logo

H26 琉球銀行 ゆいまーる助成金

スクリーンショット 2015-12-09 18.05.02

H26 おきぎん ふるさと振興基金

スクリーンショット 2015-12-09 18.09.56

H25 国土緑化機構 緑と水の森林基金

スクリーンショット 2015-12-09 18.06.05

H25 もの工房 たのしい教育活動寄付金 

もの工房

たのしい教師を目指す若者の会

たのしい教師を応援する保護者の皆さん

他、名を記さないたくさんの方達から

たのしい教育研究所の活動パネル展|沖縄市役所にて

今日から沖縄市の市役所で市内NPO法人の活動を紹介するパネル展が開催されています。

たのしい教育研究所ももちろん参加しています。
準備も一番乗りでした。
これからテーブルには、たのしい教材の実物も並びます。

興味のある方はぜ沖縄市役所へどうぞ。

スクリーンショット 2015-10-05 17.19.39

 

沖縄の教育に全力投球の
たのしい教育研究所です

学ぶ力 は一生ものの力

保護者の方達からの要請で個人的に開催を決断した「子ども達対象の学び方コース」ですが、いろいろな方が関心を持っていただけているようです。

少人数だということ、小学校六年生のみということは、なぜかという声もありました。
一生ものの力を身につけてもらいたいということ、それから、中学受験レベルの子ども達を対象とするためです。

学び方の大きな基本は、書くと簡単です。
「予想を立ててたしかめる」ということです。

まず、いろいろな課題や問題に予想を立てる。
そして丁寧にそれをたしかめる。
その流れです。

それなら簡単だと思うもしれません。
もしもそれが簡単に身につくならすばらしいことです。

国語でも算数でも理科でも社会でも、全てその流れが大切です。

これは一生ものです。

何か新しい課題を前にした時、その流れで前に進んでいけるからです。

研究所では、それを一人ひとりに丁寧に指導しています。
この子たちの伸びがたのしみです。

スクリーンショット 2015-09-13 22.26.28

沖縄の実力ある子ども達の教育
たのしく豊かな子ども達の育成に
全力投球の「たのしい教育研究所」です。

 

 

学ぶ力/繋がる力

某月某日、子どもたちと授業していた時のことです。
たのしい教育研究所には知恵と工夫のゲームはたくさんあります。
その一つが「ソーマ・キューブ」、立体的な図形処理をたのしむゲームです。

大きくするとわかりよくなるかもしれないという予想があったので「巨大ソーマキューブ」を作成しました。
右が普通サイズのソーマ・キューブです。
スクリーンショット 2015-09-12 15.04.21「学び方コース(小学校6年生)」にテレビゲームがとても得意な子がいて、休憩時間にその話になりました。
しばらくはなしを聞いてあと、
「テレビゲームもたのしいと思うけど、実際に実物で挑戦する立体図形処理もたのしいかもしれないよ!」
と、その子に出来立ての、巨大ソーマキューブを渡しました。

もちろん、初めての人にそう簡単に組み立てられるわけではありません。

すると、それが得意な子が、
「これはこうするといいよ」「こっちはホラこんなかんじで」
という様にアドバイスして一緒に組み立てていました。初めての子は「あ、なるほど」と感心しています。

スクリーンショット 2015-09-12 13.44.22「学ぶ力」は、必ずしも自分自身で解決する、ということばかりではなく、周りの人達と繋がる力でもあるのだと思います。
そして、周りの人と解決することは、一人で解決することよりも、もっとたのしいことであったり、もっと大きな力を発揮することであったりします。

多くの子の中の一人としてではなく、世界にたった一人のその子を、賢く元気に育てる たのしい教育研究所です!