仮説実験授業入門|「あてずっぽう」と「予想」

教育関係の方達だけでなく、広くいろいろな活動をしている方達から「仮説実験授業」についての問い合わせをいただくことがあります。

ある団体をリードしているから仮説実験授業をめぐって
「予想を立てることが重要なことなのですか?」
という質問をいただきました。真剣な質問でしたので、仮説実験授業の流れを元に丁寧にお話させていただきましたが、加えて、このサイトにも書かせていただきたいと思います。

カンに頼ったりすることもある「予想」がどれほど重要なのか、については私も一度考えたことがあって、その時に次の言葉で腑に落ちたことがありました。

「仮説実験授業」を提唱した板倉聖宣は『科学と方法-科学的認識の成立条件 季節社』の中でこう述べています。読みやすく行変えなどして喜友名が手をいれました。

板倉聖宣「科学と方法」科学的認識の成立条件 季節社

 「予想」を問題にしようとすると,次のように言う人々がいる。

「予想などというものは元来アテズッポにすぎないので,それを正しくしようなどというのはナンセンスだ。予想が正しいかどうかは結果が分らなければわかりっこないのだ」
と言うのである。

これはちょっと聞くと一応もっともにきこえる。

予想、が予想であるのは,結果が,本当のところが、分らないからである。

 

しかし,もう少し考えると,この主張の間違いはすぐに明らかになる。

私達はだれでも,経験をつむに従ってだんだんと予想が当るようになることを知っている。

私達が一度その問題・対象の性質をつかんでしまうと,他人からは魔法とさえ思われるように予想が見事に当るようになるものである。

古来, 日食の予言等はいつもこのようにして行なわれた。

これは, 経験をつむにしたがって,その問題・対象のなりゆきの法則性というものをよく理解するようになるからである。つまり,私達の意志とは独立にその問題,対象自体の変化・発展の法則性というものがあるのであって,私達がだんだんとその法則性を認識していくことによって予想がより確かなものとなっていくのである。

自然科学は,元来そのような自然の法則性を発見することによって確かな予想を立てることが出来たのである。

 

そしてそのようなことは,何も自然科学などに限らないであろう。

 

「予想を持って問いかける」ことで、次第に「科学的な認識」が深まってきます。その中で「もしかすると、こういう法則が成り立つのではないか」というようなイメージができてきます。これが「仮説」です。

「仮説」を「実験」で確かめていくことによって、その成否がはっきりとします。その積み重ねによって、人間は『真理』を発見してきました。

前回2月の講座で私が授業した仮説実験授業の授業書「自由電子が見えたなら」は、いろいろな予想を立てていく中で「もしかすると銀ピカ、金ピカのものは電気を通すのではないか?」という仮説をもっていく人たちが増えていきます。そして、驚くことに、その仮説が正しいことを知るのです。

たのしい授業・たのしい教育を確かなものとして提供する仮説実験授業を、学ぶ人たちがふえていく活動も、たのしい教育研究所のテーマです。

小さな島沖縄から「たのしい教育」を世界に発信する
「たのしい教育研究所」です
そしてその活動は、着々と前進しています

メルマガ たのしい教育はやめられない 第198号

私が毎週発行している「たのしい教育&映画はやめられない」が198号となりました。
いよいよ200号間近です。

毎回たっぷりと「たのしい授業」や「発想法」、「おすすめ映画作品」、そして「たのしい教育研究所の今日この頃」を綴っています。

たのしい授業2
「おすすめたのしい授業」は100均の「あいうえお かるた」を利用してもりあがるゲーム「わたしは誰ですか?」の簡単バージョンを紹介しました。

たのしい授業
映画は名作「アダムズ・ファミリー」です。

たのしい映画

「たのしい教育の発想法」では、仮説実験授業研究会代表 板倉聖宣が20年以上前に「科学者として〈霊〉の問題をどう考えるか」について正面から語った内容です。

迫力満点です。

霊の問題を思いの問題として

 

沖縄から世界に「たのしい教育」を発信する
「たのしい教育研究所」です

春の出会いも たのしい授業シリーズ|たのしい講座の様子

前回に引き続き、昨日開催された講座のたのしい様子をおとどけします。

これは、出会いのゲーム「わたしは誰ですか?」で、自分の背中のカードを当ててガッツポーズしている参加者の様子です。
いろいろな人にヒントをもらいなが、背中の自分のカードを当てていくゲームです。
合計3つのゲームで、出会いの春をたのしむ授業を紹介しました。

たのしい授業6
仮説実験授業「空気と水」の一コマです。
仮説実験授業は本格的な科学の授業です。
問題に予想を立てて実験して確かめる、とても好評の授業です。
コップなど身近な道具でたのしめます。

「コップの中に水が入っているのかどうか分からない」という参加者の声に応えて、食紅で色付けした水で再実験しているところです。参加者からの大きな拍手が起こりました。

たのしい授業5
授業書「空気と水」の中に出てくる「スポイト競争」のシーンです。
表面張力にも驚いていました。

たのしい授業7
これは、新しい作り方でスライムをたのしんでいるところです。
アロマの香りもつけて「癒しのスライム」バージョンです。
たのしい授業4 スライムを手にとって、ベターっとなっているところをたのしんでいる様子です。
「きもちいい〜、と感じたら、あなたにも子ども心が残っている証拠です」と話すと、大人の皆さんはドキドキしながら触っていました。ほとんどの皆さんが声をあげながらたのしんでいました。

たのしい授業2

 

これは、あっという間の健康お菓子「きらくカリコリ」づくりの様子です。
美味しさが大好評で、試食コーナーに参加者が押し寄せていました。

たのしい授業3

研究所の小禄さんとお友達の方の手作りの「出会いの春もたのしい教育」という表示も、春を思わせる彩りだと好評でした。

たのしい授業1

「次回の7月の講座が待ち遠しいです」という感想もたくさんいただきました。

次回もたのしい講座を企画します。

ご期待ください!

 

沖縄から全国・世界へ「たのしい教育・たのしい授業」を発信する
「たのしい教育研究所」です

私家版:仮説実験授業とは

たくさんの方達から「仮説実験授業」についての問い合わせが来ています。個別にお返事を差し上げていたのですが、そろそろ公式サイトにも、わたし(いっきゅう)が長い年月をかけて板倉聖宣から学びとった「仮説実験授業」について書かせていただこうと思います。

簡単に書けるものではありませんから、何回かに分けたものになると思います。

1.仮説実験授業とは

ウィキペディアにはこうあります。

 仮説実験授業(かせつじっけんじゅぎょう)は、科学の基本的概念や原理的な法則を教授するために開発された授業理論[1]。1963年(昭和38年)に板倉聖宣が提唱した

ところが多くの人たちが「仮説実験授業は理科系の授業なのですよね」と誤解してしまっているようです。わたしのところへの質問や相談の中でも、そういう言葉をよく耳にしています。

仮説実験授業が語る「科学」は本来的な意味の科学です。つまりそれは自然科学だけを意味するものではありません。
社会的なものにも科学があります。算数教育の中にも、人文的な分野、たとえば国語教育・言語学の中にも科学的なものがあります。音楽にも、技術教育の中にも科学的なものがあります。図工の中でもたとえば「三原色」をめぐっての科学的な内容があるのです。

ですから仮説実験授業そのものは、自然科学領域にとどまらず、かなり広い教育内容を伴っています。

 

2.仮説実験授業の流れ

仮説実験授業の授業の流れはこのように定型化できます。

「問題」→「予想」→「討論」→「実験・お話」

それを繰り返していく中で進み、その結果として高い成果を保証してくれますが、個別の「問題」そのものも、感動的に受け入れらるようになっています。

それらの「問題」の配列が実に見事です。
どのような問題をどのような流れで組み立てていけば、たのしく、感動を伴った理解を得ることができるのか、その授業実践が積み重ねられて作られて、うまくいったものが仮説実験授業の冠を掲げられているわけですから、授業そのものが「実験結果」だとも言えるのです。

3.授業書

そうやってまとまったものは「授業書」と呼ばれています。

たのしい教育研究所には仮説実験授業の全ての授業書が揃っています。一つ持ってきましょう。
これです。

仮説実験授業 授業書「溶解」

 

市販されている書籍に比べると、あまりにもそっけない体裁をしていますね。ところが中身は、今お話したように、科学の基本的イメージ・法則というものが、子どもたちに感動的に伝わる、とても優れたものとなっています。

 

4.仮説実験授業の目標

では、仮説実験授業を実施すると、どれくらいの子どもたちが感動し、「たのしかった・理解できた」と評価してくれるのでしょう?

みなさんはどう思いますか? 予想してみてください。

仮説実験授業を開発した板倉聖宣は名著「科学と方法」1969年(季節社) の中で

1.終末テストのクラス平均点は,ケアレスミス等を考慮して90点になることを基準とする

2.過半数が仮説実験授業を積極的に「好き」あるいは「面白い」と支持すること。
必来ならば8〜9割の子どもが「好き」「面白い」とすることが要求されてよいのであるが, 評定の不安定さを考慮して最低基準を上のようにした

3.このような授業が、特別のベテラン教師でなくても、教育に熱意のある教師ならだれでも実現できるような一切の準備だてをする。
 いかに教育結果のすぐれた授業でも、それが教師に過大な要求をするものであっては、授業研究の立場からは無意味といわなければならない

と述べています。
ちなみに1969年はアポロが月に始めて着陸した年です。
かなり前ですね。

わたし「いっきゅう」がこれまで実施した仮説実験授業でも、その成果は十分に確認されています。

2の過半数の子どもたちが仮説実験授業を積極的に「好き」「面白い」と支持する、ということに関しては、ほぼ100パーセント近い子どもたちが支持してくれている状況です。

これらの成果を保証するには、単に授業書を利用する、ということだけでは難しいものがあります。仮説実験授業は科学が真理に到達した流れを体系化した「授業運営法」とセットで実施しなくてはいけません。

それについては、また項を改めて書かせていただきます。

文責 たのしい教育研究所 喜友名(いっきゅう先生)