• [一般の方向け] 2020年2月29日(土)春の出会いも別れもたのしい教育/02.17~21出前児童館(無料)大人のみボランティア参加可能/教員採用一次試験合格スーパーバイズ/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • 石を割ってたのしむ② 実践編

     「石は割らなきゃわからない」の続きです、みなさんこの石、どういう石だと思いますか? わたしが海岸で拾ったものです。

     地上に出ていた部分と地中に埋まっていた部分がはっきりしています。特に珍しいものに見えたわけではなく「おそらく石灰岩なんだろう」くらいに思って拾いました。
     石に詳しい方は、どんな石か予想してみませんか。

     石灰石なら〈酸〉をかければはげしく泡立つので分かります。けれどまず、割ってみることにしましょう。

     注文した地質用のハンマーを使いましょう。
     重くて安定していて、叩いたところに的確に力が伝わる感じです。

     軽く2回くらい叩くと、パカっと欠け、片が下に落ちました。

     

     それを見て少しびっくりしました、これです。

     
     母体の方を見ると、こうです。

     わかるでしょうか、自然の石だと思っていたものは、土砂をセメントで固めたものだったのです。

     もちろん塩酸(10%)で、かなり泡立ちました。

     もしかすると、酸をかけただけだとしたら、セメントで固められたものだと知らずに、石灰石だと勘違いしていたかもしれません。

     石を割ると、新しい世界が見えてきそうでわくわくします。

     みなさんもやってみませんか。

     毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!

     

    石は割るのはたのしい/たのしい地質学入門①

     新春早々、西村寿雄先生を招いて開催した〈おきなわ石さんぽ〉で、岩石・地質に対する興味関心はとても高まっています。科学のたのしさを伝えることのできた大満足の講座でした。

     フィールドでのワークで西村先生が強く語ってくれたのが『石は割ってみないとわからないことも多いんだよ!』

     見分けの難しい石は割った中を見て、鉱物の混ざりぐあいを確認したり、酸性の液で泡立ちを確認したりします。

     

     

     さて西村先生に学んだ私いっきゅうは、さっそく地質用のハンマーを入手しました。まずは手頃なタイプ、価格は2000円くらいです。欲しい方のためにリンクをはっておきます。

     

    STONEZ ロックピックハンマー ピックハンマー ロックハンマー 地質調査用 岩石 採石 砕石 地質 検査 硬質 ヘッド 一本鍛造 良質 ラバー グリップ (ピック/ブルー)

    ハンマーの先端は、この写真の様に尖ったタイプとヘラの様に平たいタイプの2種類ありますから、〈平たいタイプ〉が欲しい方は、こちらをクリックしてください⇨ STONEZ ロックチゼルハンマー

     私はアウトドア派なので外でたくさんな活動をしてきましたから、その分いろいろな質問を受けることがあります。その流れで石を拾うことについても書いたことがあると思います。
     海や川などから大量の土砂をとったりすることは違法ですが、1個2個の石を拾ったり、少々の水をとったりすることは違法ではありません、心配しないでください。

     さてハンマーで割って、さっそく驚いたことがあります、次回〈石を割ってたのしむ実践編〉をおとどけしましょう。

    毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!

    梅のつぼみ見花見の自由研究/梅は実は後ろ姿を見るのもたのしい-その2

     前回は梅の蕾の愛らしい姿をお届けしました、今年は梅の後ろ姿の美しさを発見しました。

     これが梅の蕾です。

     この蕾がゆっくり花開いてきます。

    これが花開いた姿です。
     とってもいい香りがします。

    後ろ側からながめてみましょう。

    白い花びらの後ろで、それを支えるガク()のみどりが映えています。
     

     もちろん梅の種類によって、いろいろな彩りがあるでしょう、桜色の花びらに白いガクという組み合わせもあると思います。これから梅をみたら後ろ姿もゆっくり眺めてみようと思います。

     ちなみに沖縄の代表的な桜、緋寒桜(カンヒザクラともいう)は花びらも額も赤系です。

    毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!

    梅の蕾見から自由研究〈花のうしろ姿〉へ/梅と桜の後ろ姿はどちらがきれい? その1

     何年も前から〈桜や梅のつぼみ見/蕾見〉をたのしんでいると、必然的に時間の流れの中の桜や梅だけでなく、同じ空間の四方八方から見る梅や桜をたのしむ様になります。

     以前しらべてみると意識的に「蕾見」をはじめたのはRIDE( ライド:たのしい教育研究所 )が初めてだったことがわかったのですけど、今はRIDEの周りで、それをたのしむ人たちが増えてきています。

     その人たちも「梅の蕾見」をたのしむ人は少数です、どうしてか、沖縄には梅がとても少ないからです。

     本数が少ないということは、公園などで自由にたのしめる場所も少ないということです。ここは、RIDEで〈梅まつり〉をする川沿いの場所、とても貴重なところです。※人に関しては個人情報の関係で基本的に加工写真を掲載しているのですけど、地域情報については環境保護の観点から場所を伏せる様にしています、ご了承ください

     これが今の梅の花たちの様子です。
     「さぁ、これからだよ」
    という、清々しさと凛々しさに満ちた姿です。

     よく見るとふくらんできた梅の蕾/つぼみたちがたくさんみつかります。

     この膨らみ具合はとても愛らしく、大好きな姿です。

     たくさん花開いた梅たちの先でぷっくりと膨らんだ姿がたくさんあります。

      蕾というのは、とても愛らしい姿に見えて来ませんか。
     可能性に満ちたという陳腐な見方ではなく、私には今あるその姿のままでも美しく見えてきます、たとえこのまま花開かずに終わったにしても。

     さて最近は、花たちの後ろ姿にも美しさを感じる様になってきました、自由研究としてもたのしいと思うので、続けて書いていくことにしましょう。

    毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!