沖縄の未来と宇宙と子どもたちを語る/10年来の友 琉球放送 上村さんと

 つい最近のこと「喜友名先生の活動のことがずっと気になっていて、沖縄に戻って落ち着いたのでやっと連絡致しました」という元気な声で電話をかけてくれた方がいます。琉球放送の上村さんです。

 上村さんとのつきあいは10年前に遡ります。
 その頃は私もまだ現職の教師で、仲間たちとすすめてきた「たのしい授業in沖縄」がどんどんグレードアップしていきました。
 わたしがNASAで開催された宇宙探査教育者会議で授業させていただいた時に知り合うことができた宇宙博士の的川泰信先生(今でもたのしい教育研究所の応援団長をしてくださっています)とのジョイント授業、固体燃料ロケットの森田泰弘先生とのジョイント授業、宇宙飛行士の古川聡さんとのジョイント授業という様に、超一流の方達と一緒に沖縄の親子向けの授業を推進していくことになりました。
 そうしてとうとう〈宇宙ステーションにいる若田光一さんと交信授業をする〉というところまできました。JAXAとNASAが全面協力してくれて沖縄と宇宙とを結んで授業するわけです。

 それを知ったいろいろなメディアから数々のアプローチがありました。当時の様子は、たくさんのテレビや新聞で取り上げてくれました⇨こちら

 そういう中で「喜友名先生をテーマに番組を作りたい」と熱心にアプローチして下さったのが琉球放送の上村さんでした。
〈ひとりの教師の夢が宇宙への扉をひらいた〉というタイトルで番組を作成したいというのです。

 具体的な予算案もできていて、会議も重なり、積極的に話がすんんでいたのですが、〈なるべく目立ちたくない症候群〉の私は、その時の上村さんの熱き思いをどの程度、どの様に受け止めていけばよいのかわからず、アメリカのNASAの宇宙ステーション運行スケジュールで、期日の確定が先延ばしになっているうちに、上村さんは突然、県外で仕事をすることになりました。

 上村さんは、その時のことが十年間ずっと気になっていて、やっと沖縄に戻って落ち着いた今、私に電話してくれたのが冒頭の言葉です。
 嬉しいことです。

 10年を経て、お互いいろいろな役職を経験する様になった今、沖縄の未来、宇宙への魅力、そういった、あの頃の熱い思いが変わらずにいるお互いを確認する時間になりました。
 たのしい教育で沖縄が日本一元気でたのしい県になり、世界に発信できる教育を推進する、という私の活動は、上村さんが放送という場で〈沖縄の魅力を県外、国外に発信する〉ことをテーマに推進して来た取り組みと重なるところがとても大きく、放送の世界で志を同じくする方がいることに、とても嬉しく感じたひと時になりました。

 何より、そして10年経った今も、お互いがとても生き生きと活動していることがとても嬉しく、途切れることなくたくさんのことを語り合っていました。上村さんからの具体的な番組の提案もありましたが、私の多忙さと、若い実力ある教師を育てるワークショップへのウェイトのかけ具合、そして〈めだちたくない症候群〉の症状との兼ね合いもあり、すこしゆっくりと語り合っていきましょう、ということになりました。
 実現できるできないは別にして、放送局で上村さんの様な夢と元気を伴った方がいることがとても嬉しくてなりません。きっと上村さんの周りにも、そういう方達がいるのだと思っています。

 顔を出してもよいです、というので、熱く語りあった時のワンショットを掲げます。わたしは顔を隠したいところですけど、友の礼儀として載せておきたいと思います。

琉球放送 上村さんとたのしき熱き会話 1日1度のここの「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか➡︎ いいねクリック=人気ブログ!=ジャンプ先でもワンクリックお願いします!

マツバボタンはポーチュラカと同じものか? 植物図鑑(たのしい教育研究所)

 前回紹介したマツバボタンについて、ポーチュラカと同じものでしょうか、というお話がありました。生物の分類と関係があるので、少し書いてみようと思います。お付き合いください。
 スタッフが調べてみると、web上では〈同じ〉〈違う〉の両方が混在しています。

 これがマツバボタンです。

 そしてポーチュラカと呼ばれている植物はこれです。

 似ているようにも見えますし、細かい部分を目にすると違うようにも感じます。

 混乱する時にまずたどりたいのは、その植物なり動物の分類です。何度かこのサイトにも書いてきましたが、分類のキーはそれが〈何科の生物か〉です。

  学名を整理してみしましょう…   wikipediaより

: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ナデシコ目 Caryophyllales
: スベリヒユ科 Portulacaceae
: スベリヒユ属 Portulaca
: マツバボタン P. grandiflora

 スベリヒユ科>スベリヒユ属>マツバボタン です。

 スベリヒユのことをポーチュラカ(Portulacaceae)といいます。日本ではそれをスベリヒユとも呼びます。
 その知識をもってもう一度学名を整理したものを見ると…

スベリヒユ科 Portulacaceae
スベリヒユ属 Portulaca
マツバボタン P. grandiflora  です。

 リンネの整理してくれた学名は〈属名+種〉で表します。
 マツバボタンを P.grandiflora と表記してありますけど、そのP.は ポーチュラカのP、つまりマツバボタンの学名は Portulaca.grandiflora ⇨ ポーチュラカ・グランディフローラ です。

 マツバボタンはポーチュラカの仲間なので、その意味から〈ポーチュラカ〉という場合もあります。

 

 さて、一般的にポーチュラカと呼ばれている植物は「スベリヒユ」とも呼ばれています。

 スベリヒユ

: ナデシコ目 Caryophyllales
: スベリヒユ科 Portulacaceae
: スベリヒユ属 Portulaca
: スベリヒユ P. oleracea

 ここも、「種」をよく見ていただくと スベリヒユ の P. oleracea は
 Portulaca oleracea ⇨ ポーチュラカ・オラレシア です。

 ですから、マツバボタンもポーチュラカも両方とも学名で読んでいれば間違うことはありません。マツバボタンは〈ポーチュラカ・グランディフローラ〉で、スベリヒユは〈ポーチュラカ・オラレシア〉です。

 しかし〈花〉はこういう分類が整理させるずっと前から私たちの生活と深く関わってきたので、ニックネームをはじめとしていろいろな呼び方があって、学名よりずっと慣習的な呼び方が一般的です。

 マツバボタンをポーチュラカと呼ぶ人たちは、グループとしてみる、あるいはマツバボタンの学名の前の部分 Portulacaを示してそう呼んでいるわけです。

 マツバボタンとポーチュラカは違うものです、という人たちは、慣習的(あるいは園芸的)な呼び名を重視しているというわけです。

 

 1日一回の「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか-〈人気ブログ〉いいねクリック⬅︎ジャンプ先のページでもワンクリックお願いします

植物図鑑(たのしい教育研究所)マツバボタン

 今回はたのしい教育研究所第三ラボの植物を紹介するコーナーです。今回はマツバボタンです。ごらんください。カマキリもそばにいます。

 マツバボタンは日中花開き、日が傾きだすと花をとじます。これが花が開いた状態です。  子ども達と観察するのもたのしいですし、育てるのもとても簡単なので、学校で目にすることも多いと思います。

 挿し芽でも簡単に広げていくことができますから、先生にお願いして、少し茎を切ってもらって、家で土に挿しておく、とよいと思います。

 さてこのマツバボタンの話を研究所でしていると、スタッフから「喜友名先生、マツバボタンとポーチュラカは同じものですか、違うものですか?」という質問がありました。
 とても似ている植物なのですけど、何しろ名前が違うわけですから別なものなのでしょうか。次回、少し分類のお話をさせていただきます。おたのしみに。1日1度のここの「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか➡︎ いいねクリック=人気ブログ!=ジャンプ先でもワンクリックお願いします!

 

とってもたのしい定期総会 たのしい教育研究所の一年の活動を振り返り、今後4年の活動の展望を語り合う

 たのしい教育研究所の定期総会が開催されました。NPOのメンバーが沖縄のいろいろなところからやってきます。予算や今年度の活動方針など、議事録的にはPATなどの定期総会と同じものですけど、かなり盛り上がります。このシーンは一年の活動報告です。わたしもそうでしたけど、見ているメンバーの多くが、自分たちで実施してきたことなのに「これだけのボリュームを一年間でやってきた」ということに驚いていました。

 総会というのは〈今年一年の活動〉がテーマになるのですけど、今回は〈今後四年を見通した新しい取り組み〉をテーマにした時間を設定しました。
 内部情報なので、具体的な内容はかけませんが、ますますたのしみな活動になりそうです。ご期待下さい。

 総会が終わるとパーティーになります。
 オードブルはメンバーM先生の手作りで、毎回本格的な料理が登場します。たのしい教育研究所の活動の一つに〈おじいちゃんおばあちゃんたちーの支援〉という項目があるのですけど、たのしい教育プラスたのしい食事ということでケータリング(食事の提供)という事業も可能ではないかという話も出るくらいです。

 美味しいものを味わい、ゲームでもりあがり、たのしい一日となりました。2017年もとてもたのしく充実した一年になります。1日1度のここの「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか➡︎ いいねクリック=人気ブログ!=ジャンプ先でもワンクリックお願いします!