管理職の方と語る沖縄の教育

某月某日、ある中学校の管理職の方ら「意見交換をしたい」というお話があり、仕事を切り上げて、マクドナルドへ。

管理職の方と語る

管理職の方ではあっても、とてもフレキシブルな発想をする方で、沖縄の教育界の未来も明るいと感じるひとときとなりました。

交わされたテーマは
・若い先生達を育てるには
・現在の沖縄の学力向上について
・未来の沖縄の教育について
・たのしい教育は、どれくらい広がりをみせているのか
・アドラー心理学を学ぶには
といったものです。

いつか、今回の話が広がりをみせたら、もっと具体的な話を書かせてもらいます。

沖縄の実力ある教育者と一緒に歩く
「たのしい教育研究所」です!

 

ハワイ マウナケア山の雲海

やっと落ち着いて、ハワイに行った時の写真を整理しています。
1000枚以上あるので見るだけでもなかなか大変です。

日本のスバル天文台があるマウナケア山に行った時の写真が特に多かったな。
今回はその中から雲海をごらんください。

4000m以上の地点から眺めると目の前に迫ってくるような雲でした。

スクリーンショット 2015-12-03 22.34.33 スクリーンショット 2015-12-03 22.34.44

沖縄の教育を世界へ発信
「たのしい教育研究所」です

たのしい教育研究所の今日この頃

たのしい教育研究所のメンバーは大のクリスマス好きです。

研究所はクリスマスの二ヶ月前からこういうデコレートが研究所の入り口を彩っています。

スクリーンショット 2015-12-01 9.34.26

たくさんの笑顔が生まれるクリスマス。
たのしい教育活動で、たくさんの笑顔を広げたいなと思いながら、毎日、たのちゃんたちの前を通っています。

今日もたのしくいきましょう。

毎日元気にたのしく
たのしい教育研究所です。

快感としての可能性

たのしい教育研究所には
「学ぶ感動を伝えられる教師になりたい」
という方たちが何人もやってくる様になりました。

学びながらニコニコしている人もいれば、厳しい顔をして緊張している顔がはっきりとわかる方たちもいます。
しかし、緊張しているにしても、その人が自分の力を 1% でも伸ばしていることを実感できているとしたら、それはきっとたのしさにつながります。

人間は自分の可能性が伸びていくことをとても快感に感じる生き物なのです。

時には、自分の力が伸びずイライラすることがあるかもしれません。たくさんの人たちの中での発言に緊張する人たちもいると思います。そうやって修行していくことで、自分がたくさんの子ども達の笑顔を生むことができるとしたら、やはり今のその努力はたのしさになると思います。

ところで、「たのしい」ということを面白おかしいことと勘違いしている人たちは、何かしらちょいちょいとやって、たのしい教育活動ができていると思うかもしれません。

けれどたとえば今週の小学校の授業に、研究所のスタッフは遅くまで実験をし、準備をしています。たのしく明るく笑いながら準備をしているとはいえ、とても真剣です。

それがあって、たのしい教育が成り立ちます。

そしてそのたのしい教育の中で、感動が広がりたのしいと感じてくれる子ども達の笑顔と、評価・感想を読むことで、私たちのたのしさがさらに深く高く感じられていくのです。

IMGP4002

 

沖縄のたのしく賢い教育、学力をテーマに
たのしい教育活動が止められない
たのしい教育研究所です