(公式サイト)メンテナンス中

たのしい教育研究所(RIDE)の設立とともにサイトが立ち上がってこれまで何年間も毎日更新してきた公式サイトですけど、そろそろ整理整頓しつつメンテナンスを実施する段階になりました。
担当のいらはさんがかかりきりで調整中です。

しばらく文字のみの記事もつづくと思いますがご了承ください❗️

たのしい教育の発想法〈真理は実験によってのみ決まる〉

 今回は〈たのしい教育メールマガジン〉の発想法の章から少し抜き出してみましょう。師の板倉聖宣が語った内容です。

 科学の啓蒙的な本を書く人が全部実験をしている と思ったらおおまちがいです、ほとんど実験してません。

 実験せず「そうなるに決まってる」と思って書いて いるんです。
 だから名倉さん(東京)みたいに生真面白な人が それを確かめようとするとボロが出て来ちゃう。

 ある本に「レモン7個を使うとレモン電池ができる」と書いてあったのを見た名倉さんは自分で実験してみたんです、でも電池はできない。

 みんなにレモンを配給してやってみてもらったけれど、やっぱりできないので、著者に電話すると「著者にいってこないで自分で研究しなさい」とい う返事だったらしい(笑) 
 あきれるね。

 どうしてもつかないのでもう一度電話すると「レ モン電池は100個使うとできるんです」という。
 家庭でレモンを100個も使ってやる人いますか ? (笑)
 そういう本が後を絶たないのです、それどころか優良図書として推薦されちゃったりしていま す。 

 自然科学者であっても、自分が絶対確かだと思っ てることはそうやって書いてしまうのです。

 子どもの実験の本だったら簡単に実験できるん だからやればいいのに、実験しないで書いちゃう。
 そういうことを体験すると社会の科学だって相当あやしいと思えてきます。 

 

 毎日たのしく全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。一緒にたのしい未来をつくりましょう。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!

原子分子で考えることが基本中の基本

 原子分子の見方考え方は複雑で難解なイメージと結びついてしまう人がいるかもしれません、しかしそれは大いなる誤解です。シンプルで理解しやすい見方考え方です。
 これは小学校の先生に原子分子による見方考え方を伝えているシーンです。

 有機物は、そこに生命活動があったという証拠になるほど重要な存在です。

 糖は、その有機物の一つです。

 紙も有機物です。

 タンパク質も、石油も有機物です。

 それは生命活動とセットだといってよいのです。

 火星に生命が存在するのか、していたのか、それを確かめることも有機物がカギをにぎっています。

 小学校でこういう授業ができる先生たちが増えてくると、沖縄から科学界をリードする人材も増えてくるでしょう。
〈有機物には炭素Cが含まれているんだよ、テストに出るから覚えておいてください〉的な授業ではなく、生き生きとイメージできる様な教材を作成したいと思つています。
 原子論つまり科学を基本として物事を考えていくことができるわけですから、科学界だけでなく、福祉でも人権でも、教育の中でも有能な仕事をする人たちが増えていくでしょう。

 地道な取り組みですけど、大切にしていきたい活動です。

毎日たのしく全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。一緒にたのしい未来をつくりましょう。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!

 

たのしいものづくり教材〈水中シャトル〉セット 再構成して登場しました/頒価20人分1000円

 学校のクライブ活動や、図工、いろいろなプレゼントに利用したいということで、ものづくり教材の注文がコンスタントに続いています。

 講座などですぐに売れてしまうので教材のストックはあまりなく、要望が来た時にサポート組織〈もの工房〉が作成してくれます。

 今回、いろいろな要望が届いている中、以前からたのしい教育教材のシリーズに加えたいと思っていた〈水中シャトル〉のセットができあがりました。

「浮沈子/ふちんし」という呼び名もあるのですけど、音的にわかりにくいので「水中シャトル」と呼んでいます。シャトルというのは〈いったり来たりするもの〉を意味する言葉です。

 はじめは中に浮かんでいるシャトルが、あるパワーで下に降りていきます。

 ほら、こうです。

 真ん中で止めることもできますし、沈んだままにすることもできます。
 もちろん上下にと行ったり来たりさせることも可能です。

 20人分セットにしてあります。

 完成見本を1つ付けて1000円でお分けしています。
 ※郵送の場合には同じ額ですけど、見本はつきません、ご了承ください。

 「さぁ~、みんなの声のパワーで下に下がるよ、下がれ~って言ってみよう、セーノ!」
という感じで、クラス中で盛り上がりながら、たのしむことができます。

 低学年の子ども達には、シャトルの調整段階で少し手を貸してあげる必要がありますけど、購入したほとんどの人たちから、感謝の言葉が届いています。

 必要な方はお問い合わせください。確認後、決済サイトで支払っていただく流れとなります⇨こちら

毎日たのしく全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。一緒にたのしい未来をつくりましょう。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!