思い出深い恩納小中学校! 「宇宙へ」

今日は「恩納小中学校」で「いっきゅうハカセの親子科学教室」
恩納小学校から宇宙飛行士を、という勢いで親子でたのしくもりあがりました。

当初、主催者の方たちが予測していた人数を超えて親子でたくさんの人たちが参加してくれました。

「予想を立てて確かめることが科学…間違うと賢くなるよ(^^ 」という話からスタートし、空の向こうを目指した人類のチャレンジを実験や動画を交えて構成しました。
評価もダントツに良かったです。

感動したPTA会長さんが「沖縄に宇宙基地を!」というわたしのアイディアに賛同して、最後の挨拶で熱く語ってくれました。
かつての教え子たちや、保護者の方たちが何人も参加してくれて、とても懐かしく、またかつて恩納村で一緒に勤めていた車バカ通しのY先生も手伝いに来てくれて、同窓会の雰囲気を味わいつつ、たのしい授業を謳歌しました。
スクリーンショット 2014-12-14 16.51.11
スクリーンショット 2014-12-14 16.20.01「手乗りブーメラン」を加工してくれた子 もいました。
もちろん、ちゃんともどって手の平に乗ります。スクリーンショット 2014-12-14 16.21.21教え子の一人は教師を目指しているということで、うちの教員採用試験突破セミナーにも興味を持ってくれたようです。
たのしい授業を 受けた子どもたちが教師になっていくことは、個人的な嬉しさだけでなく、たのしい教育活動が広がることでの大きな一歩です。
応援したい気持ちでいっぱいです。

世話をしてくださった伊波先生、PTAの役員の皆さん、ありがとうございました。
キャリア教育の授業プランの作成のためのアンケートにもたくさんの人が協力してくれました。
ありがとうございました。

おまけ
かつて私の理科室の窓から見ると、こんなすぐ近くに海が広がっているんですよ。
恩納村といえば沖縄観光のメッカ。
海の眺めもいいのです。
思い出深い学校でまた授業できて、とてもうれしい一日でした。

スクリーンショット 2014-12-14 16.51.42
いっきゅう

明日の授業「宇宙へ」!

たのしい教育研究所の授業、予測を超えた需要に、連日自転車操業中。
うれしい悲鳴です。
明日は、かつて勤めていた学校に呼ばれて授業をしてきます。
恩納村の学校です。
海の近くのとてもたのしい処でした。
私がいくことを耳にしたかつての友人がぜひ手伝いたいといううれしい連絡もあり、かつての教え子で「先生になりたい」と教員採用試験突破を目指している子も、授業に参加したいと連絡がきて、それもまたうれしいことです。
仮説実験授業を受けてくれた子どもたちがどんどん教師になっていって欲しいです。

明日の授業がまとまったのが、つい今しがた。
明日起きても、また手を入れていると思います。
たのしくてたのしくてなりません。
タイトルは「宇宙へ」明日も盛り上げます。
あ、なんだ、もう今日、授業なのですね。

スクリーンショット 2014-12-14 0.19.48

スクリーンショット 2014-12-14 0.19.58ジャンル:たのしい教育・楽しい教育

大成功「たのしいグッジョブin沖縄市」その②

沖縄市での「いっきゅうハカセの たのしいグッジョブ in 沖縄市」の続きです。

私のいつものことで、「これよりこの流れだな」というアイディアがどんどん湧き出て止まりません。結果、寸前まで授業に手を入れていて、周りのスタッフに大いに助けられました。

この写真は、早めに集まってくれた方たち向けに、最近できた授業プラン
「ブーメランの秘密ってたのしすぎ」
のさわり、研究所開発の「手のりブーメラン」が戻ってくるところを、私が指差して解説しているシーンです。

たいてい、講座のスタートの前に私がスペシャル授業をしています。
スクリーンショット 2014-11-24 17.46.28

スタッフの梓さんの新鮮な進行で笑顔のオープニング。
講座の中身は練りに練った三本立て!

1本目が「協力ってたのしい!」です。
スクリーンショット 2014-11-24 17.58.53 そのお話の中に、研究所大人気教材の「パズリン」で子どもも大人も大盛り上がり。
スクリーンショット 2014-11-24 18.04.32 今回はいつもの流れに加えて中級編で
「力を合わせるっていうのは、言葉では簡単だけど、みんなで本気でとりかからないと難しいのだよ!」
ということを伝えたくて、新ルールを加えてみました。
文章だけで伝えるのは難しいので割愛して、そのときの子どもたちの達成感たっぷりの笑顔をごらんください。周りでもとてももりあがっている様子が見えると思います。 スクリーンショット 2014-11-24 18.05.09他にも
「どんぐりむらのぱんやさん」
の読み聞かせからスタートして「では、みんなも新商品開発してみよう!」という内容で盛り上がったり、
「自分の良いところ、相手のいいところに、どうして簡単に気づかないのか」というテーマもあり、
どれもみんなの笑顔に包まれた、あっという間の時間でした。

ところで、「大成功」とタイトルに掲げましたが、
「この写真を見てもらえば分かります」
ということで書いたのではありません。
参加者の多くが不満を持っていても、いいところの写真だけ載せれば、「みんな喜んでいました」と脚色するのは簡単なのです。
そして実は、そういう評価の仕方は巷にとても多いことが気になってもいます。

それから数名の方の声を載せて、大成功でした、と結論づけるのも同じように、とても簡単です。

しかし、たのしい教育研究所は、そういう評価をすることはありません。
全員の方の評価を基準に判断します。

今回の「たのしさ度」の五段階評価では
「とてもたのしかった」「たのしかった」で100パーセントでした。
細かく分析している時間がなくこのサイトを綴っているのですけど、「5 とてもたのしかった」が大多数を占めています。

感想を読むと「将来の自分の夢の仕事につながる講座」として、とても満足してくれた様子が分かります。
名前を伏せて保護者の方と子どもの数点を掲載します。

スクリーンショット 2014-11-24 18.22.02 スクリーンショット 2014-11-24 18.22.34 スクリーンショット 2014-11-24 18.23.29 スクリーンショット 2014-11-24 18.24.40 たのしい教育研究所に講座を依頼してくれた、沖縄市・海邦銀行・ファイブアローズの「地域づくり協議会」、そして「国土交通省」への感謝も込め、その恩に答えることができたと思っています。

以上を今回の講座の報告とさせてください。

以下、個人的な思いを少しだけ・・・
わたしが個人的にウルウルときた感想文があります。
これです。

スクリーンショット 2014-11-24 18.51.56 私はずいぶん前から、自分のことを言われるよりも自分の周りの人たちをよく言われることがとても嬉しいのです。
それが直接出てきて、グッと来ました。

その①で書いた、小禄さんの「折り染め横幕」だけではなく、音響を担当してくれた人、わたしが気づかないところを見て一緒に進行してくれた人、読み語りを してくれた人、教材を分けてください、と伝えてくるたくさん人たちにニコニコ対応してくれた人、受付から会計処理までがんばった人、お疲れ様会のために食 事の準備までしてくれた人、椅子並べから机拭き、片づけ後のモップがけまで丁寧にやってくれた人、カメラ係から事前準備に関わるまで、たくさんのスタッフ が動いてくれました。
そして、スタッフ全員の目標が「参加してくれる方たちの笑顔をたくさん生み出そう」でした。
そうやって動き回っている「スタッフの笑顔がすてきだった」という言葉は、何度読んでも感動してしまいます。
うれしくてなりません。

沖縄という小さな島で「たのしい教育研究所」という看板を掲げてスタートしたのが二年半前のこと。
その活動は、当初のわたしの予想を超えて、とてもたくさんの方たちに支持してもらうことができました。
今でも、やりたいことが次々溢れ出てとまりません。

10年ほど前に教育誌に「何もなかったけど夢はいっぱい」という私のレポートが掲載されました。
30年前、沖縄で「たのしい授業のサークル」がスタートしたときのことです。
もうそれからずいぶん長い年月が流れたのに、私の感覚はそのときのままです。
幸せな人生だと思います。

これを読んでくださる方が、研究所の活動をさらに応援してくださることを期待しています。
                             いっきゅう筆

大成功「たのしいグッジョブin沖縄市」その①

rp_ffd588bdc702a97676d95e78089050d6-150x15011.png「いっきゅうハカセの たのしいグッジョブin沖縄市」が終わりました。
スタッフで片付けや食事を終えて、祭りの後の様相の研究所で、参加した皆さんの感想を読みながら感動のひとときを味わっています。

たのしい教育研究所は「沖縄市」に第三研究所を構えているにもかかわらず、各地を飛び回りっぱなしで、沖縄市での教育事業は実施したことがありませんでした…灯台下暗しです。

スクリーンショット 2014-11-24 17.21.39   気になりながらも、要請が届く場所を飛び回るだけで手一杯…

そういうところに今回、
《国土交通省》の支援で
「沖縄市」と
「海邦銀行」
それに市民交流センターの母体である社団法人「ファイブ・アローズ」が手を組んで、たのしい教育研究所に授業の依頼が来ました。
これだけの組織がそろっての要請に、かねてからの「沖縄市でもたのしい教育の普及を」という思いが重なって、
「全力投球させていただきます」
ということとなりました。

沖縄県や沖縄市教育委員会、沖縄市グッジョブ協議会の後援もいただき、この企画も太さを増していきました。

沖縄市で活動している方たちへのリサーチの中から
◯こういう形の教育イベントは少ない
◯参加人数は40人集まるかどうかだと思う・・・50人来たら大成功でしょう
という情報が得られ、さてどういう形で盛り上げようかという企画・教材作り会がなんども重ねられていきました。
その中で内容・タイトルが「いっきゅうハカセの たのしいグッジョブ in 沖縄市」と決まり、準備も着々とすすみます。

そうやって迎えた今日。
会場の準備に入ったスタッフは、前日に張ってくれた、スタッフの小禄さんの手作り「折り染め横幕」に迎えられ、とても感動。

会場からみると、青空に文字が浮き出て見えます。スクリーンショット 2014-11-24 16.51.01 受付が始まると 約100名 の参加となりました。
事前の問い合わせも相次いで、会場の関係でお断りしなくてはならない方たちも出たほどの賑わいでした。

けっこう広い会場を押さえたのですけど、こんなにいっぱいに広がりました。
ご覧ください。
スクリーンショット 2014-11-24 16.49.53 つづく