教員採用試験に合格するには

 このサイトを続けて開いてくれる方達のほとんどは「たのしい教育」に興味関心のある方達です。
 そして「早く本務の教師になってどんどん、たのしい教育を実施したい」と、教員採用試験合格に向けてがんばっている方達もいます。

%e5%90%88%e6%a0%bc%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88test_benkyou_boy つい最近、沖縄本島から離れた所に住んでいて、研究所に直接足を運ぶことができなくて悔しいです、というお便りをいただいたことがありました。
 また以前、県外の方から、喜友名先生がつくった教材を実費で分けてほしい、という要請が届いたこともあります。残念ながらそのご希望にお応えすることができませんでしたが、ぜひ合格してくださいという応援メールを差し上げました。

 一人でも多くの教師が、自分もそして子どもたちも笑顔でたのしくなる教育をすすめて欲しいと思っています。

 さて最近、少数特訓を受けに研究所に足を運んでくる方達へ、こういう内容のメールを送りました。
 少し手を入れて掲載します。

 研究所には行くことができないけれど、という「たのしい教育派」の方達が合格するきっかけになれば幸いです。

合格に向けて取り組んでいる皆さんへ

がんばっていますか。
自宅での勉強のペースはどうでしょうか。

「がんばろう」という思いがしっかりと燃えている人は、その意気です。

これまでのペースがわざわいして、なかなか勉強ができていない、という方は、まず今日が勝負です。

何度か伝えましたが、人間は、何万通りでも理由を思いつくことができます。
それは
「食べ過ぎたから」
「なんとかなく疲れたな」
「あの子の指導どうしよう・・・」
という様なものなど、とめどないのです。

たとえばその子の事を、学校から帰って後悩むことで、その子が元気になるのでしょうか?
翌日会った時に「◯◯くん元気? 昨日はごめんね」という様なお話をすることが、その子との関係づくりに役立つのです。あなたが夜悩むことが、〈その子との関係づくり〉に役立つとは思えないのですけど、どうでしょう。

来年合格して、本務として、そういうこともたくさん学ぶ機会があるはずです。研究所にもカウンセリングのしっかりした講座があります。それを受講するとよいのです。

今日、しっかり学んでください。
そしてこの次の特訓では、試験本番のイメージで自分がどれくらい問題が解けるか挑戦してください。
まずは80%突破を目標にしましょう。

   応援しています。

                         きゆな

 

合格カウンセリングへの質問から=試験合格に向けてその人固有の目標と課題を明確にするステップ

 合格カウンセリングについての問合せが何件も来ています。
 合格カウンセリングはもちろん「このカウンセリングを受けたら合格しますよ」という様な怪しいものではありません。
「合格に向けて、あなたには具体的にどの様な課題があり、どの様な目標設定で、その課題に向き合い、どの様に学習をすすめていけば合格に迫ることができるのか」をテーマにしたカウンセリングです。
 希望者には事前に、こういうものですよ、というお話を丁寧にさせていただいてから、それでも直接会ってカウンセリングを受けたいという方のみ、1時間の時間をとって実施しています。

%e7%b4%a0%e6%9d%90counsel

 すでに何人もの方たちが合格カウンセリングを受け、早い人はその日のうちに自分の学習カリキュラムを作成して自分で学習を開始しています。
 周りにさきがけて合格に一段ステップUPした人です。
 課題がいくつもある方は、希望に応じて、数週間後にもう一度、という場合にもあります。

 カウンセリングをうけてはじめて、それまで何となく感じていた「このままではいけない」という言葉にならないものが、涙とともにあふれ出ていくことは珍しくありません。
 その中で、「他の人たちより1日でも早く本格的な勉強をスタートさせたい」という熱い想いが湧き上がり、私もそれに応えて急遽「特訓の日」を設定し、現在それを受けている方達が何名もいます。

 問合せの中には、この方は受験生ではなく、何か自分でもこの様なことを始めたいという方なのかも、という質問も幾つか見受けられます。たとえば「どういう質問をするのですか?」という様な問いです。もちろん、特別な訓練を受けてきたカウンセラーならイメージできる様な問いが続きますから、よほどのことがないかぎり、それにも答えています。
 カウンセラーの力量はそういう〈質問項目〉だけでなく、クライエントの〈認識反射〉を丁寧に確認しながら、時に〈解釈投与〉であったり〈正対〉をしながら進めていくことに表れます。
 そしてそういう流れの中で最も大切なことは、今目の前にいるこの方がやる気になり、困難をどの様に克服して、自分の明確な目標に向かってまず一段目をのぼり出そうとするかどうかです。
 興味のある方はお申し込みください。

 特別なことがないかぎり、一週間4名までは時間をとる様にしています。
 ただし「たのしい教育に興味関心が高い」という方が優先です。
 時間は一時間、費用は普通のカウンセリングの場合より低く設定し四千円です。
 その大切なお金は、たのしい教育の普及活動に利用させていただいています。

 

教員採用試験の特訓/たのしい教員採用試験特訓

 教員採用試験の一次試験の結果発表のあと、こういう便りが届きました。今回も、これまでに届いたメールの紹介からはじめさせていただきます。
 
 教師になりたいという想いで研究所の門をたたく方達が何人もいます。研究所では、そういう方達と1時間程度の面談・カウンセリングを経て、研究所で学んでいただくかどうか考えることにしています。

 そんな中、小さな子を育てながら採用試験に挑戦しているAさんが門を叩きました。Aさんは子育てをしながら臨時教諭をしていて、たのしい教育への熱意とセンスがはっきりと見える方でした。
 もちろん研究所の教員採用試験特訓にも参加してもらうことになりました。%e4%be%bf%e3%82%8a%e3%83%bb%e6%89%8b%e7%b4%99006990

 ところがしばらくしてAさんは夫さんの都合で遠く離れた地へ越すこととなり、研究所の特訓講座からも離れることとなりました。

 そのAさんからのお手紙です。 
 個人情報等のからみで分からない様に手を加えています。

喜友名先生、お久しぶりです。
 採用試験セミナーでは大変お世話になりました。
 なかなか連絡することができず、すみません。

 喜友名先生とたのしい教育研究所の皆さんにお世話になって教員採用試験の勉強も進めていましたが、その後の慣れない土地での生活、仕事と家庭、育児の両立で、自分に甘さが出てしまい、1次試験に合格することができませんでした。
 一生懸命支援していただいた、研究所の先生方や喜友名先生に申し訳ない気持ちで、連絡できずにいました、本当にすみませんでした。

 試験の結果が出て後、家庭のこと、子育てをしながら本当に合格できるのかという不安と迷いでいっぱいになり、教師という道をあきらめようか本気で考えていました。

 結論は、やはり教師というすばらしい職業に就きたい、ということでした。
 自分の子どもたちにも…胸を張って「あなたたちがいたから夢を叶えられたんだ!」と言えるように、もう1度本気で頑張ろうと。

 その思いで、今年度は4月から気持ちと生活とを切り替えて勉強を始めました。

 喜友名先生が作ってくれた教材を最初から繰り返し繰り返し勉強し、それを子どもを保育園に迎えに行くギリギリまで続けました。
 そして今年、1次試験に合格しました。
 2次試験も全力で挑みました。
 試験が終わった今、結果が気になりますが、やりきった気持ちと諦めず自分の道を信じて進んだことに満足しています。
 嬉しい報告ができればと思います。

 公式サイトで研究所の活動をいつも見ています。
 喜友名先生の活躍、それからたのしい教育研究所の活躍を、これからも応援しています。

 そういうとても嬉しい便りでした。

 わたしが学校現場にいたころは教務主任という役割りが長かったので、校長・教頭先生たちと一緒に学校全体のことをみることも多く、その関係で、とても素敵なセンスを持っていた若い先生達をたくさん見てきました。
 ところが、その先生達の多くは、臨時教諭を長年続けている方達でした。「こういう人こそ現場で採用したらよいのに」と思える先生たちなのに、なかなか本務として採用されないのです。
 フリーとなって研究所を立ち上げ、いろいろな成果も上がって来た今、そういう先生たちを学校現場に送って、たのしく元気で日本一の沖縄県にしたいと思っています。
 「教育」はとても長い時間がかかるものですけど、少しずつでも着実に一歩一歩すすんでいるこの取り組みは、とても大切なことだと思えてなりません。

 先日、数名の方達が研究所の門を叩き、数時間の特訓を開始しました。
 その時のワンシーンです。実験しながらニュートン力学を学んでもらっているところです。

%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%84%e6%95%99%e5%93%a1%e6%8e%a1%e7%94%a8%e8%a9%a6%e9%a8%93%e7%89%b9%e8%a8%93 採用試験突破に関係するのかと疑問に思った人もいるかと思いきや、参加した先生たちからの圧倒的な高評価をもらいました。
 実際、こういう授業をおり込みながら進めていく中で、これまでたくさんの人たちが合格していきましたし、こういう授業を喜んでくれる方達から先に合格しています。
 採用試験を突破する力も、そして自分自身が子どもたちに授業する時の魅力的な力もついていくことからすると、そろそろ「たのしい教員採用試験特訓」と呼んでもいいかもしれないなと思う今日この頃です。

たのしさこそ未来を拓く力
たのしい教育研究所です

教員採用試験突破特訓2017( 一次合格率70% 二次合格率98%)たのしい実力ある教師を目指す人を鍛えます

教員採用試験突破特訓のリーフが完成しました。お届けします。

あなたの合格が目標ではありません
あなたが本務の教師として採用され、子ども達の賢さと笑顔を求め
たのしく明るい教師生活を送ってくれることが私たちの目標です

%e6%95%99%e5%93%a1%e8%a9%a6%e9%a8%93%e7%aa%81%e7%a0%b4%e7%89%b9%e8%a8%932017%e2%91%a0波にのれ!たのしく実力ある教師を目指すあなたを本気で鍛えよう。

四年前にスタートした「たのしい教育研究所」の活動は着実な広がりと大きな成果をあげ、講座・授業等の受講者数は約2万人、受講満足度は98%にのぼりました。その活動の様子は新聞やテレビ等にも数々取り上げられています。
 それらの成果を踏まえ、たのしい教育研究所の第2ステージとして力を入れているのが「たのしい教育で明るく活躍する〈先生〉を育てる活動」です。そしてその1つがこの「採用試験突破特訓」です。早くもその成果が上がり、管理職や本務の教諭として、明るくたのしく活躍している方達がたくさん出ています。
 講座をリードする喜友名先生は全国・海外を飛び回る、まさに授業のプロ中のプロで、カウンセラーの手法も取り入れた合格特訓は、受講した方たちから「他と比較できないほどです」という高い評価を得ています。また、たのしい教育研究所のメンバー全員が教師経験者であり、模擬授業・面接、メンタルヘルスなどのスペシャリストです。
 そのスペシャリストたちが多大な時間と工夫を重ねて作り上げた〈WCUメソッド〉で受講生の力を高めます。きっと学びの濃さに驚きながらも〈一週間サイクル〉の中で着実に力が高まっていく自分を発見することでしょう。
 申込みには受講資格・条件があります。また人数の関係で希望に添えない場合が毎回多数出ていますので、希望の方は裏面を丁寧に確認の上、お早めにお申し込みください。

%e6%95%99%e5%93%a1%e8%a9%a6%e9%a8%93%e7%aa%81%e7%a0%b4%e7%89%b9%e8%a8%932017%e2%91%a1※ 子ども達そして自分の笑顔を求めて積極的に「たのしい教育」を学ぶ意欲のある方のみ受講をお引き受けしています。 たのしい教育の効果はいろいろなところに波及しますから、結果的に採用試験にもプラスです。実際に、これまで合格し
 た方達から「たのしい教育を学んで子ども達・保護者の方達との関係がよくなり、採用試験に集中できる時間が多くな
 りました」という声がたくさん届いています
※ 受講を考えている方は下のカードの項目を明記し「メール」でお申し込みください。申し込み後、全員に合格に向けてこれからの学び方を中心にした「合格に向けてのカウンセリング」を受けていただきます(実費 4千円)。 カウンセリングの1回のみで終了していただいてもよろしいですしカウンセリング後に正式に申し込みをしていただいた方
 にはプロジェクト会議を経て、4日程度で受講の可否をおしらせします

 = = = =  記  = = = =

○ 日時 2016年10月29日(土)〜2017年3月 までの
 基本毎週土曜日 09:15〜13:30  全20回
 (前半)小学校専科特訓 (後半)教職特訓
   時間比(約)小専科6:教職4
○ 内容 試験突破勉強法/本試験型トレーニング/理数基礎特訓/
   メンタル特訓/先輩たちの合格体験 他
○ 受講費  A. 小学校専科コース(免除対象者のみ)8万5000 円
      B. 教職コース(全校種対象) 7万円
      C. 両コース受講者 12万5000 円
 ※受講費は受講確定後 一週間程度で収めていただくことになっていますが、
  特に事情のある方はご相談に応じます
○ プリント教材費:
 各コースとも10000円 両コース受講者は 18000円
○ テキスト(指定テキストを各自で購入)
 教職コース10000円程度 /専科コース12000円程度
  /両コース15000円程度
○ 会場 沖縄市登川たのしい教育研究所第3ラボ
   (高速沖縄北インターから5分程)/
 人数によっては同インターから10分程の会場の利用の可能性もあります。
  あらかじめご了解くたさい
○ 受講資格:「たのしい教育」を積極的に学ぶ意思がある方。具体的には
   1.たのしい教育メルマガ(年9600円)を購読して学ぶ(必需)
 2.たのしい教育研究所の公式サイト(必需)
 3.たのしい教育cafeなど研究所の講座に積極的に参加する(各自の状況に応じて)など

特訓チームリーダー喜友名一(いっきゅう先生)

 全国・海外を飛び回る「たのしい教育」の第一人者 いっきゅう先生こと きゆな先生が本コースをリードします。
 30年の教師実績、進学受験指導、沖縄県における数々の教育事業、カウンセラーとしての経験をフルに活かした特訓でみなさんを鍛えます。
 特訓の内容は、単に土曜日の講座の時間のみの学びではなく、一週間サイクルの中で、モチベーション・集中度・学習成果などを真剣に押えて高める、たのしい教育研究所オリジナルの〈WCUメソッド〉です。
 この特訓で、ラストチャンスだったという方、子育てをしながら挑戦した方、高校・大学を通して試験そのものが初めての体験だという方など、何人もの方たちが合格を手にしています。 次はあなたです!

問合せ申し込みは ➡︎ こちら

注意:募集開始からわずかな日数で、すでに席が埋まってしまいました。今後、少し枠を広げる可能性もありますが、難しい場合も予想されます。たのしい教育研究所に近い人物の推薦があるとよいので希望する方は、頭に入れていてください。