たのしい教材|クイック 切り紙で「火の鳥」|たのCafeスペシャルで

12月のたのCafeスペシャルでS先生が紹介してくれたクイック切り紙を紹介します。
5分でみごとな飾り物、置きものが出来上がります。
ツルの形の型紙を赤い画用紙に合わせて線の通りに切り進むだけで、見事なオーナメントが出来上がりました。

スクリーンショット 2016-01-01 22.24.14
ほら、みごとでしょう。
小学生でも十分可能です。スクリーンショット 2016-01-01 22.24.21

S先生は「つる」だと紹介していましたが、わたしは「火の鳥」と名付けました。

研究所のスタッフは、これを大きくして玄関に飾りましょうね、と目を輝かせていました。

しばらくすると、玄関のウェルカム担当「たのちゃん」の横に、火の鳥が来ていると思います。

こういうたのしい教材が、これでもかと紹介される「たのしい教育Cafe」、今年は1月31日(日)に会場を変えてスペシャルで実施します。

興味のある方は早めにお申し込みください。⇨ たのCafe1月のご案内

 

たのしい教育が子ども達だけでなく、わたし達大人の未来も切り開く
今年も元気な「たのしい教育研究所」です!

2016年 桜の季節のたのしい教育体験講座|募集がはじまりました

たのしい教育研究所設立5年目を迎える2016年、桜の季節に「たのしい教育体験講座」を開催することが決まりました!
沖縄のさくらの季節は1月後半です

リーフ20151228S
見えづらい部分もあると思いますので、書きぬいて掲載します。

 県内だけでなく、国内・海外の授業へも飛び回るたのしい教育の第一人者 喜友名一先生(いっきゅう先生)を中心にたのしい教育研究所のメンバーが、桜の季節によりすぐりの内容をおとどけします。
「子ども達の笑顔をもっと見たい・子ども達をもっと賢くしたい」そういう願いを 実現するための講座です。
これまでの講座をうけた方達からは「子どもたちを通して保護者の方達とも仲良くなれました」という感想をはじめとして嬉しい便りがたくさんとどいています。
特別な材料、特別な技能を要求せず、興味関心のある人なら 誰でも同じように授業にかけられるものを準備していますので、安心してご参加ください。

普段手に入らないたのしい教材・書籍の販売もあります。
教材の関係があり、先着順の受付となります。興味のある方は、お早めにお申し込みください。

 

内  容
①  たのしい読み語り 教室でもりあがる読み語りの紹介
② たのしいものづくり
③  電気の授業をもっとたのしく
 小学校低学年から大人まで もりあがる本格的な電気の授業です。「電気の授業はむずかしくて苦手」という方にも「得意です」という方にもおすすめです
④ クイックスケッチ 大人気のビスケットを描くスケッチ
⑤ たのしいゲーム

 

日時 2016年1月31日(日)9:30〜12:45
会場/(うるま市) 健康福祉センター うるみん 2F第二交流室

対象:教師・教育関係者・教師を目指す学生ほか
受講料 2500円(教材費込み)
◯ 早割:1/21 木曜日 17:00までの申込み 2250円/人
◯ 友割:2名以上の申込み 2250円/人
◯ 両方の適用の場合 2000円/人

お問合せ 090-1081-7842
申込みはメールのみ

office⭐︎tanoken.com →⭐︎を@にかえて

 

いっきゅうせんせい 喜友名 一(きゆな はじめ)
たのしい教育研究所所長。 小学校教諭として28年勤務したのち、2012年3月、50歳で教師を早期退職。
「たのしい教育」の普及に全力を注ぐため「たのしい教育研究所」を設立。
研究所設立から約四年でのべ1万7000人に授業や講座を実施し、新聞やテレビに数々取り上げられる。
「たのしく実力ある教師を育てる活動」にも取り組み、高い合格率をあげている。
仮説実験授業とアドラー心理学を融合させたLEAPカウンセリングを開発し、悩みを抱える子どもたちや保護者、教師へのカウンセリングやカウンセラー実技講座も数々実施。沖縄県作成の副読本「こころのタネ」執筆員をはじめとして、「たのしいグッジョブ副読本」など、沖縄県の作成する教育関係書にも関わっている。

 

2016年もたのしく賢く感動的な教育に全力投球します!

授業をたのしむ先生たち|来春、一般の先生方向けの講座を開催します

「たのしい教育研究所」の授業を見ようと、子ども達向けの講座に、一般の先生方も参加してくれる様になってきました。

スクリーンショット 2015-12-22 20.14.25 もちろん、見学だけでなく、実際に授業やものづくりを体験してもらっています。

子どもの様にたのしめる先生たちは、たのしい教育活動にとても近い位置にいる方たちです。
大切にしなくてはいけません。

一般の先生たちが参加しやすいように、久しぶりに講座を開催する予定です。

年が明けて1月31日(日) 09:30〜12:30に開催予定です。

30名程度の募集で開催したいと考えています。

詳しい内容は今週中にUPいたします。

ご希望の方は日程を開けてお待ちください。

たのしく賢く元気な先生を育てる活動も快調
「たのしい教育研究所」です

 

秋の講座/たのしい教育体験講座10月10日(土)に開催します!

たのしい教育研究所をかねてから応援してくださっている吉田秀樹さんが、来月10月10日(土)に沖縄にやってきます。
吉田さんは「オリンピックと平和」の作成者として有名な方ですが、仮説実験授業研究会代表・日本科学史学会会長である板倉聖宣氏が今年
「仮説実験授業研究会の歴史の中で最も注目すべき研究が吉田さんの手によって行われている」と語った人物です。
その最も注目すべき研究というのが「原子論の発見」です。

わたし自身「科学上、最も子どもたちに伝えたいものは原子論」だと思っています。その意味でも吉田さんとかなり関わるものがあります。
吉田さん自身も、わたしが教師を早期退職して研究所を設立し、たのしい教育を広げる活動をしていることに深い関心をもってくれていて、その最新の研究を「まず沖縄で発表させていただき、喜友名さんの活動の応援がしたい」と語ってくれています。

前回の宮古編でもお伝えしましたが、沖縄で細々と活動している研究所ですが、ゆっくりと全国各地に味方関心が広がってきている気持ちがしています。

わたしも「たのしい教育をあまりしらない」という方たち向けに授業をさせていただく予定です。30名程度の募集です。参加希望の方はお早めに!

                         リーフレット  クリックで開きます
◯20151010原子論講座-完成S
日 時  2015年10月10日(土) 09:30受付 10:00〜17:00
会 場 うるま市舞天館(高速石川インター右折1分/石川闘牛場そば)
内 容
①ものづくり「ふわふわちょうちょ」…吉田
②たのしい科学の歴史
A:原子論の発見 …吉田
B:同時に発見された原子論と地動説…吉田
③準備かんたん授業プラン…喜友名
総合の時間や生活科などいろいろな教科で利用できるプラン
④たのしい教材の紹介…たのしい教育研究所
・たのしい教材や書籍、プランの販売もあります

募集  教育関係者あるいはたのしい教育に興味関心のある方30人程度
受講料 3500円
◯ 友割:2名以上の申込み 3200円/人
◯ 早割:9/30水曜日17:00までの申込み 3200円/人
◯ 両方の適用の場合 3000円/人

問合せ申込みは下記  ※問合わせは電話でOKですが申込み受付はメールのみとさせていただきます
問合せ 090-1081-7842/office@tanoken.com
申し込み office@tanoken.com

  吉田秀樹プロフィール
長年 小学校教諭としていろいろな教材の開発に力を注ぐ。2006年、ギリシア研究で板倉賞受賞。2012年『オリンピックと平和』(仮説社)出版。全国各地の小中高大学の授業で利用され高い評価をうけている。現在〈ミョウバンと原子論の誕生〉と〈同時に誕生していた原子論と地動説〉を研究中。教師を定年退職後も教育支援員として教育現場に関わっている。
    –メッセージ–
 科学に詳しい方にも苦手な方にも近代科学の根幹である「原子論」の発見がハッキリと見えてくるような授業プランができました。たのしい教育研究所が活躍する沖縄で、その最初の発表をさせていただきたいと思っています。
ものづくりも取り入れながら、たのしく充実した一日にしたいと思っています。
ぜひご参加ください。

喜友名 一プロフィール
大学卒業と同時に教師の道にすすみ、仲間たちと「たのしい教育」の講座を数々開催。沖縄のたのしい授業・仮説実験授業の草分け的存在。 2012年3月、50歳で教師を早期退職し「たのしい教育」の普及に全力を注ぐ。
同年「たのしい教育研究所」を設立。3年間で約1万6000人に授業や講座を実施。この数は沖縄県民100人に一人の割合である。

–メッセージ–
いろいろな方達から「一般向けの講座はありませんか?」という声が届いていましたが、私のスケジュールがあかず、なかなか開催できませんでした。このほど、満を持して、吉田さんを招いた「体験講座」を実施することとなりました。たのしく充実した一日となります。お誘いあわせのうえご参加ください。私も授業させていただきます。


たのしい教育に

たのしく全力投球
たのしい教育研究所です