たのしい社会ー日本の姿 沖縄は歯医者が多いっていう噂は本当か?

 メルマガの〈たのしい社会〉の反響が続いています。前回〈サトウキビ〉と〈砂糖〉の生産量の意外な違いについて紹介しました。今回はその発授業の発展型として紹介します。

「沖縄はコンビニが多い」という話については〈メルマガ〉で取り上げたので、その次にわたしが気になっている「沖縄には歯医者が多い」という話について紹介ましょう。

 県外から来たわたしの友人が「きゆなさん沖縄には歯医者がおおいねぇ~」と感心していたことがあって、それを周りの人たちに話すと
「確かに多いと思う、東京とか歩いていても歯医者とかそんなに見ないのに沖縄はよく見る。きっと沖縄は人口比にすれば全国一、二くらいだと思う」
と答えてくれました。

みなさんはどう思いますか、予想してみてください。

人口比でみると沖縄の歯医者の数は
ア.日本一多い
イ.日本一ではないがトップ5位に入っている
ウ.平均くらい
エ.平均以下

どうしてそう思いましたか?

ちなみにわたしの予想は「平均前後だろう」です。

⬇︎

⬇︎

予想すると当たっても間違っても賢くなる
⬇︎

⬇︎

 これは厚生労働省の2018年〈医療施設〉のデータです。
 濃い色が人口あたり歯医者さんが多い都道府県です。

 都道府県別に10万人あたりいくつの歯医者さんがあるか、多い順にまとめた表がこれです。

 沖縄は全国平均の〈53,8〉よりぜんぜん少なくて〈43.0〉〈第40位〉です。

 全国1どころか、後ろから数えた方が早いんですね。

 これは小中学校などで扱う内容ではないかもしれませんけど、大人の社会科としてならとてもたのしめそうです。

 よく聞くのが「沖縄は車社会だから一人当たりの車の保有台数はトップ」という話です。
 数量的に見ていくことだけでなく、全国的な傾向をみていくと、「もしかするとこうかな」という問題意識も出来てきます。その問題意識は今解決することはできなくても、のちのち何かのきっかけで調べたり気づいたりすることにつながるでしょう。

 社会の力は、民主的な世の中を守り育てるためにも、とても大切です。子ども達がたのしく社会を学んでいくだけでなく、大人がたのしく学ぶ、〈たの研〉にはそういうプログラムもたくさんあります。興味関心のある方は、ワークショップなどをお申し込みください。

 

たのしい教育全力疾走RIDE(たのしい教育研究所)、みなさんの応援が元気の源です。一緒にたのしく賢く明るい未来を育てましょう。このクリックで〈応援〉の一票が入ります!

 

先生方の支援活動はたのしい教育研究所の重要なテーマです=たのしく実力ある教師になってください

たのしい教育研究所には、実力ある教師を目指して学びに来る先生たちがいます。

某日私の特別講義の日、出産後で久しぶりに来てくれたA先生が、研究所に入るなり、受講している先生たちの数と熱気に驚いていました。(マフィン、おいしかったです!)

わたしの講義を受けた方たちから、たくさんの感想が届いています。
その一部を紹介させていただきます。
※個人情報もからむので切り取った画像になります。

やる気の言葉
「魅力と実力ある先生方を育てる活動」は、たのしい教育研究所の重要なテーマです。地道な活動がゆっくり実ってきつつあることを実感しています。

たのしい教育がよりよい社会を創る。
若い先生たちを見るたびに、その思いを強くしている日々です。

たのしい教育研究所はますます元気に活動しています。
応援よろしくお願いします。

 

 

たのしい教育スーパーバイズ

新しい季節を迎えて、研究所にはたくさんの方達からの相談が来ています。

「はじめて○年生を担当するのですけど、具体的な方法についていろいろ教えていただきたいです」

「2年ぶりの現場復帰です。とても心配です・・・」

「教務主任の経験が全くないのですけど、年間の仕事について相談したいです」

「たのしい教育の実践方法を個別指導してもらえませんか」

などなど。

スーパーバイザーの喜友名は、たのしい授業とカウンセリングのプロフェッショナルであるばかりではなく、30年近くの教師生活の中でも教務主任歴が長く、校務に関わることについても具体的にたっぷりと支援することができます。

これは「この4月から始めてうけもつ6年生をたのしくしたい」という先生にスーパーバイズしている実際の一コマです。

本人の希望を聞き、具体的な方法を提案しながらすすめます。スーパーバイズは実技指導も含みますから普通のカウンセリングより長めの時間がかかります。

※顔が見えないようにイラストをかぶせました

たのしい教育スーパーバイズ

 

 スーパーバイズは費用がかかります。
希望の方はお問い合わせください。

➡︎こちら

ネイチャーゲームで盛り上がる

月に一度、たのしい授業・楽しい授業で盛り上がる「たのしい教育Cafe」2月にたのしんだ内容をお届けします。

何やら背中を向いていろいろやっているように見えますね。
「ネイチャーゲーム」の一種で、これがたのしいのです。

スクリーンショット 2016-02-22 22.38.47

楽しい授業 ネイチャーゲーム

全員、自分の背中にいろいろな動物のカードがクリップされています。
本人には見えません。

たのしい授業 ネイチャーゲーム
周りの人はそれを見て、交互にヒントを出してあげます。

たとえば「あなたの好きな食べ物は草です」とか
「あなたは毛が長いですね」などなど…
それを聞いて自分がどういう動物なのか当てていくゲームです。

少ないヒントで当てた人が勝ちですけど、最後の一人までたのしめます。

ヒントは、カードにも書かれていますけど、自分で考えてあげてもよいのです。

あまり優しすぎず、かといって難しすぎず・・・
ヒントをつくるのもたのしいのです。

こんなカンジで、たのしい教育Cafeは、たのしい授業・楽しい授業、教材のネタに溢れています。

スクリーンショット 2015-11-05 12.41.32

次回は3月は9日(水)にオープンします。
おたのしみに。

3月は、いろいろな授業に加えて私が「溶ける不思議・溶けない不思議」をテーマにして科学の授業をする予定です。「本格的」だということは「難しい」ということではありません。小学校3年生からたのしめる内容です。

Cafeというネーミングですから美味しいコーヒーも出ます。
ちなみに研究所の所長の喜友名は「食品衛生管理者」の資格も持っていて、いつか本気で喫茶店を開きたいと思っています。

参加には「申し込みが必需」ですからご注意ください。

早めの申し込みをオススメします。
すでに席はあと7席ほどです!

たのしい教育で沖縄中を元気にたのしく
「たのしい教育研究所」です