楽しい読書生活/星野道夫の魅力

 星野道夫の文章も写真も生き方も好きで、彼の作品を見かけたら全て買って研究所の本棚に収めています。チェックしたわけではありませんが、国内で出版されてものなら雑誌も含めて全て持っているはずです。海外でたまたま見つけた彼の本もありますから、しっかりしたボリュームです。

星野道夫

 作品を持っているとはいえ、たのしい教育の広がりにともなって、それらを手にする時間はなくなってきました。

 都会での仕事の時間調整で本屋さんに入ることがあって、星野さんの本を本屋さんの書棚から抜きとって読みはじめるという読書生活、〈本の居住地を持たない〉という意味でいえば正にホームレス的な本読み暮らしをしています。

 星野道夫は既に他界し、彼の新しい文章が紡がれることはありません。雑誌などに特集されるものたちの中には、何度も引用されているフレーズが出て来ます。しかしそれも、読むたび身体にしみいってくるようです。

 この文章はわたしが最も好きなエッセイ集「旅をする木 (文春文庫)」の中にある一節です。

 ぼくたちが毎日を生きている同じ瞬間、もうひとつの時間が、確実に、ゆったりと流れている。
 日々の暮らしの中で、心の片隅にそのことを意識できるかどうか、それは、天と地の差ほど大きい。

 公立学校の教師を辞めて早6年目、仕事をしなかったという日は1日もありません。かなり先まで予定が入り、結婚式すら行くゆとりもない日々の中で、彼のその言葉は、いつもわたしの中に生きています。

 彼が他界した翌年だったか、その次だったか、彼が暮らしたアラスカに旅立ったことがありました。
 テントを背にデナリの山々を眺めながら歩く日々の中で、オオカミに出会い、クマに出会い、ムースに出会い、地リスたちに出会い、白頭鷲や渡り鳥たちを眺めながら日々を過ごしました。

地リス 星野道夫撮影

ムース 星野道夫撮影

 日本に居ても、あの時に出逢えた世界はわたしの中に根を下ろしています。都会で珈琲を味わいながら “フー” と息を吐きながら、ベリーだらけのアラスカの大地に座って珈琲をたて、大空と山なみとをバックに味わった時の味を想い出すことができます。そのかわいた冷たい空気の肌ざわりもしっかりと想い出すことができます。

 出逢ったのは若いクマで、もう彼・彼女もずいぶん大きくなって、きっと子どももいる頃だろう。

クマ 星野道夫撮影

 あの頃とてもおいしそうに頬張っていたベリーを、今もたっぷりと味わっていることだろう。
 同じ地球という星の中で、彼らが悠久の時を生き続けていることが嬉しくてなりません。

 夏休みも始まります。
 まだ読んだことがない方は、星野道夫のエッセイ集「旅をする木」を手にしてみませんか。装丁が驚くほど地味なので見過ごしてしまうかもしれませんから注意して探してみてください。


 写真集をという方は、縮小版ではなく、もと版の大きなサイズを手にしてください。わたしのおすすめは〈風のようなものがたり 小学館〉です。

1日1度のここの「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか➡︎ いいねクリック=人気ブログ!=ジャンプ先でもワンクリックお願いします!

たのしい教育の広がりと研究所の大忙しの日常/この日々があってこそのたのしさの広がり

 自由研究や授業特訓、各種団体からの依頼の授業などが控え、教育研究所は大忙しの日々です。「連休に入り、少しはのんびりと仕事をしているでしょうか。さて…」という前書きのメールが届いていますが、たのしい教育研究所は休日ほど忙しい日々です。〈たのしい理科〉というテーマでの教材づくりもすすめているので、たくさんの仕事が同時並行で進んでいます。

 今回は、そのたのしい教育研究所の日常をお届けいたします。

 今日の研究所のテーブルの上には、授業の予備実験をしている素材や、〈試料:顕微鏡でみる素材〉の工夫など、たくさんのものが広がっています。ラミネーターは透過式の試料づくりに使えるかということでスタッフが予想をたててチャレンジ中です。


 その後ろでは〈たの式顕微鏡〉のフレームをカットしてくれている人。

 別なテーブルでは、レンズの〈替え球〉を作ってくれている人。


 別のチームは100均を回って、手頃な教材素材が無いかリサーチして、使えるものを仕入れに行ってくれています。研究所の授業は一斉にかなりの数の人たちが受けることが多いので、数をそろえるのがけっこうたいへんです。何ヶ所も回ってくれているのですけど、まだ全員分はそろっていないとのこと…

 たのしい教育が着実に広がっているのは、こういう地味な地道な活動があってこそです。

 たのしい教育は〈どっかの誰かがやってきて、なんだかめずらしい実験などを見せてくれた〉というテレビに出てくる様なものとはかなりかけ離れています。
 興味関心が出てきたら、子どもも大人も〈自分自身〉で試したり、更に深く研究することができる様に、できるだけ身近なものをそろえるのがたのしい教育のスタイルです。学校の先生たちの中には、たとえば理科なら理科セット、図工なら図工セットを買うのが便利だと思っている人たちがほとんどかもしれません。しかし、そういうものよりも喜んでもらえるのは、自分でもそろえることができる様なものを使った時です。それは〈たのしい教育研究所〉で実施した約5万人の実験結果だけでなく、これまでの長年の教師生活での実験結果を加えて確信していることの一つです。

 そんななか、ピンポンという音が響いて、「みなさんを激励しに来ました」という声と、おいしい差し入れが届きました。
 研究所にいる人数がもっと多い日だと勘違いしたそうで、ケーキの数がずいぶん多く、みんな更に喜んでいました。

 研究所で学び、学校現場に入っていったA先生です。
 うれしいことです。

 たのしい教育研究所は応援してくれるみなさんのお陰で、その活動を確かなものにしています。このサイトを熱心に読んで下さっている皆さんも、その応援団の一人だと思っています。「このサイトいいよ!」と周りの人たちにもアドレスを送っていただけると嬉しいです。その輪が広がると、さらにたくさんの笑顔に繋がっていくのは間違いないと思います。ご協力よろしくおねがいします!1日1度のこの「いいね」で〈たのしい教育〉を一緒に広げましょう➡︎ いいね=人気ブログ!=ジャンプ先でもサイトをワンクリックすると尚うれし!

親子で〈予想チャレンジ〉をたのしめるすばらしさ

 おかげさまで〈沖縄県グッジョブフェア〉の余韻が続き、那覇で受講した方が、沖縄市の公民館講座に顔を出してくれたりと、いろいろ嬉しいことが続いています。


 沖縄県グッジョブフェアでは、事前の申込み人数がすでに定員を超えていたのですけど、当日さらに参加者が増し、うちのスタッフはそれを予測していて、教材の数はしっかり足りていました。

 これは親子が真剣に、つまり子どもも大人も〈対等〉に〈予想・チャレンジ〉をたのしんでいる様子です。※顔がはっきりしないように加工してあります

 こうやって大人も子どもも一緒に真剣にたのしめるのはなぜか? 
 それには教材のグレード・程度の問題が関わっています。

 わたしが教師を始めた頃、当時 文科省の教育研究所の室長をしていた板倉聖宣(仮説実験授業研究会代表・日本科学史学会会長)から学んだ1つが〈教材のグレード・程度〉についです。

 その言葉は衝撃でした。板倉先生を沖縄に招いた時に、直接こういう話をしてくれました。

「程度の低い内容だから、優等生には簡単で、勉強が得意でない子ども達には難しい、ということになるです。たとえば科学者達が長い年月をかけて問い続け解決して来た様な問題を出せば、勉強が苦手な子も得意な子も、みんな真剣になりますよ。それが仮説実験授業の〈授業書〉です」

〈対象の実態に合わせる〉ということがよい授業である、という話は、教師時代に何度も何度も耳にし、読んできたことです。
 しかし対象にあわせるのではなく、遥か高いグレードの教材を創れば、子どもも大人も一緒にたのしめるのです。高いグレードの教材とは、枝葉末端的な内容ではなく、そのものの根幹に触れる様な教材です。
 仮説実験授業の授業書は、かなりの人たちの知恵と時間をかけてきているので、そのグレードには簡単に到達することはできません。
 しかし、目指しているのは間違いなくそこです。

 大人が役割として子どもに合わせて授業に参加しているのではなく、一人の人間として真剣にのめり込んでいく。もちろん子ども達も前のめりになっていく、そういう授業です。

 この一枚はアイス・ブレイク的にとりあげた教材です。
 〈いきいきサッカー〉といって、沖縄県のグッジョブ運動の予算で開発させていただいた〈たのしいグッジョブプラン〉に取り上げたチームゲームです。
 子どもが大人に勝ったり、大人が子どもに勝ったり、いろいろなことが起こります。大人もたのしみ、ひっしになっている姿はいたるところで見ることができる教材です。

 おかげさまで、たのしい教育はゆっくり着実に広がってきています。8/1と4日には〈りゅうぎんキッズスクール〉で授業をさせて頂きます。56年生が対象で、小さな世界の魅力をたっぷり味わってもらえる授業です。
 興味のある方はお申込みください。申し込み先はりゅうきゅう銀行⇒こちら。もしも満杯で入れない、ということになっていたら、すみません。1日一回の「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか-〈人気ブログ〉いいねクリック⬅︎ジャンプ先のページでもワンクリックお願いします

たのしさを元にするともっと深く知りたくなる(理科教育・自由研究)一円玉はなぜ浮くのか?

 今回も理科教育と自由研究に関わる内容を書かせて頂きます。二回ほど前に週一回のメールマガジンの話を紹介しましたが、その後、さっそく反響がありました。その中に「息子にメルマガの内容を紹介すると、とても興味を持ってくれ〈自由研究で予想チャレンジしたい〉と言っています。ところで息子は一円玉が進んでいくことに興味を持ってくれているのですけど、実は私自身が〈そもそも一円玉はなぜ浮いているのか〉がよく分かりません。いっきゅう先生からお話を伺えたらとメールいたしました」という便りがありました。
 親子でたのしんでくれている様子が伝わってきて、ますます嬉しい気持ちです。

 さて「どうして一円玉が水に浮くのか」については、幾つかの学校で授業させて頂いた時にも質問が来て、話をさせてもらったことがあります。シンプルにイメージしていただくと〈水の表面がお互い同士がんばって引き合い、それがビニールの膜(まく)の様な感じとなって一円玉を上にはじいている〉ということです。この水の表面がお互いに手に手をとって引き合う力を〈表面張力〉という言い方で説明することもあります。

 たのしい教育研究所の兄貴的組織〈 ku-ma(子ども・宇宙・未来の会)〉の教材「宇宙の学校/水上のスケーター アメンボの秘密」の中では、こういう様にふれられています。

 〈予想チャレンジ〉はいろいろなたのしさが広がり深まります。いよいよ夏休み、自分のたのしさを広げるとてもよいチャンスです。みなさんの賢さとたのしさを応援します。1日1度のこの「いいね」で〈たのしい教育〉を一緒に広げましょう➡︎ いいね=人気ブログ!=ジャンプ先でもサイトをワンクリックすると尚うれし!