仮説実験授業研究会元代表 板倉聖宣の〈科学読み物論〉

 仮説実験授業研究会(元)代表 板倉聖宣(いたくらきよのぶ)という書き方は久しぶりです。たのしい教育研究所(RIDE)には、そのことをよく知らない人も学びにくるので、久しぶりのフレーズを使ってみました。
 板倉聖宣はたのしい教育研究所を強く応援してくださっていた恩人で、このサイトでもたくさん書いて来ました。惜しまれつつ2年前に他界しました(2018年2月)が、私たちに残してくれた見方考え方、授業の具体的な方法など、財産がたくさんあり、今でも学び続けています。

 これはたのしい教育研究所(RIDE)のスタッフが教材として作成して研究大会に持っていった沖縄の伝統的な扇、クバオージを「これ、いいねぇ~」と使ってくれている時の写真です。持っていった分がすぐに売れていきました。

 

RIDEのクバオージと板倉聖宣

 先日大阪からワークショップで来てくれた西村寿雄(ひさお)先生が準備してくれたレポートに「板倉聖宣の科学読み物論」がありました、最新のメルマガの中から少し紹介しましょう。

 西村先生が真っ先にあげたのは板倉聖宣のこのあとがきでした。ここにある「〈自然の本〉と〈科学の本〉は明らかに違う」という見方・考え方にハッとした参加者がほとんどでした。

 いわゆる「子ども向きの科学書」には、「自然の本」ではあっても「科学の本」でないものがたくさんあります。

 (「自然の本」は)自然科学の研究対象である自然界のおもしろそうな事物についてさまざまな知識を教えて、子どもを科学の世界に近づけようというのです。

 しかし、わたしはそのような考えに賛成することができません。科学は人間がつくりあげてきたものであって、自然の事物そのものとはちがいます。科学のおもしろさ、すばらしさは、自然の個々の事物のものめずらしさ以上のものです。

 よく「科学は冷たい」などという人がいますが、それはまちがっています。自然そのものは冷酷かも知れませんが、科学はちがいます。

 科学は人間がつくりあげてきたものであって、そこには人間の血がかよっているのです。

 ところが多くの人が手にする図鑑風の本には、科学のもたらした知識の断片が書きつらねてあるだけのものが多いので、科学というものは冷たいものだと思われたりしてきたのです。

 しかし生きた科学の世界を知らせる本は、まだ見知らない事物の存在について豊かな夢をもたせ、新しいものを見い出しつくりだしてゆくおもしろさを知らせ、さらに、そういうことを可能にした人間の知恵のすばらしさをしみじみと感じさせるものになりうるはずです。

 

『ジャガイモの花と実』〈あとがき〉

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!

 

寝ることに関してはア~ルに勝てない/メルマガ最新版から

 メルマガを送るとすかさず何通かの反応が届きます。メルマガのはじめの章では、ア~ルの楽しい日々から見えるRIDEを紹介するコーナーもあるのですけど、今回最も多かったのは、ア~ルについてでした。

 私はいろいろなところでキャンプをしてきたので、ゴツゴツしたところで外で寝ることに関しては普通の人たちよりずっと慣れていると思うのですけど、ア~ルには勝てません。

 私がメインで仕事をする机は、いつもいろいろな本や資料、教材が横たわっています。ア~ルは自分専用のクッションとか、私のゆったりしたソファーがあるのに、あえて私の前の教材だらけ本だらけの机に来て寝るのです。

 その寝るポーズのバリエーションがいろいろです。

 今回は私のところに来て「いっきゅう先生、ネズミに負けてしまいました。ねずみ年のネズミは手強い」
という様に、頭を抱えるポーズで睡眠に入りました。
 笑ってしまいました。

 彼の寝ている下にはペンや計算機もあるんですよ、あえてここで寝なくてもよいのにね。
毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!

実験・自由研究には勇気が必要です/優等生という生き方からの脱却

 以前も石を拾うことは基本的に問題がない、という話を書いた時に質問が来たのですけど、今回もいろいろな方たちから質問が届きました。文面は違いますが「できれば根拠を教えてもらいたい」という希望も多かったので、送った資料があります。
 このサイトにも書いておいた方がよいと思うので載せておきます。

教えて国土交通省


 心配な方には、安心していただけたことでしょう。

 実はこの続きを書きたいのです。

 自由研究には勇気が必要です。
 何しろ自分にとって新しいことをするわけです、予想通りにいかないこともたくさんあります。同時に、これでよいのかな、とおっかなびっくり進めることも出てきます。

 そういう時に、いろいろなものごとを「忖度(そんたく)」していたら動きがとれなくなってしまい、新しい試みなどできなくなってしまうこともあるのです。

 特に今回の様に「海や川の小石を拾うことが法的に許されるのかどうか」と心配する人もいるというのは、私の様なアウトドア派からすると、そのことが心配になっていて来ます。

 優等生は、目上の人たちに自分の行動や考え方を合わせることが得意ですから、自分の考えで新しいことに挑戦することが少なくなります。また、自分で判断することも慣れていませんから、いろいろな人たちに意見を聞いたりして、結果、動きがとれないということも起こります。

 たのしい教育が勧めるのは〈予想を立てて実験する〉ことですから、実験前に心配して動きがとれないというのは好ましいことではありません。

 実験の場合には〈危険度と迷惑度〉を考えていくことでクリアーできるものがたくさんあります。

 今回の石の問題も〈危険なのか〉〈誰かの迷惑になる行為か〉と考えていけば、自ずと禁止されるものではない、ことが予想されると思います。それと同時に、トラックの荷台いっぱいに土砂をもっていったら迷惑度危険度もかなり高いことも予測できるでしょう。
 橋を支える足元の土砂などをトラックいっぱいもっていったら大変だし、そうでなくても、川を歩く人たちへの危険度がとても高くなります。

 そういえば以前「家の庭で枯葉などを燃やすのは法律で禁止されている」と話した人がいました。私はすぐに「そういう法律はないでしよう」と答えたのですけど、それは法律について詳しく知っていたからというわけではありません。
 アウトドア派の肌感覚として、そういうことはないと感じたからです。
 もしも周りの人たちに大きな迷惑をかけるということがあれば別ですけど、安全面の配慮をして自分の土地で枯葉や古い雑誌などを焼いても、問題になりようがないと感覚的に判断できます。

 いろいろなものごとを心配して、これをしてよいか、あれは禁止されていないだろうか、という〈いわゆる良い子・優等生〉としての生き方がダメだという気持ちはありません。しかし世の中の問題や課題を解決して来た、突破して来た人たちは、予想を立てて新しい物事に挑戦した人たちです。
 アルキメデスもガリレオも、スティーブ・ジョブスもそうでした。

 危険な時はどうするか、迷惑な時にはどうするか、そういう工夫をしつつ、予想チャレンジを楽しむ人たちが、どんどん増えていって欲しいと思います。

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!

 

石を割ってたのしむ② 実践編

 「石は割らなきゃわからない」の続きです、みなさんこの石、どういう石だと思いますか? わたしが海岸で拾ったものです。

 地上に出ていた部分と地中に埋まっていた部分がはっきりしています。特に珍しいものに見えたわけではなく「おそらく石灰岩なんだろう」くらいに思って拾いました。
 石に詳しい方は、どんな石か予想してみませんか。

 石灰石なら〈酸〉をかければはげしく泡立つので分かります。けれどまず、割ってみることにしましょう。

 注文した地質用のハンマーを使いましょう。
 重くて安定していて、叩いたところに的確に力が伝わる感じです。

 軽く2回くらい叩くと、パカっと欠け、片が下に落ちました。

 

 それを見て少しびっくりしました、これです。

 
 母体の方を見ると、こうです。

 わかるでしょうか、自然の石だと思っていたものは、土砂をセメントで固めたものだったのです。

 もちろん塩酸(10%)で、かなり泡立ちました。

 もしかすると、酸をかけただけだとしたら、セメントで固められたものだと知らずに、石灰石だと勘違いしていたかもしれません。

 石を割ると、新しい世界が見えてきそうでわくわくします。

 みなさんもやってみませんか。

 毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!