おすすめアプリ・ソフト ペイント系 BeCasso/iphone/家庭でも教室でも楽しんでもらえると思います

 久しぶりのおすすめアプリの紹介です。わたしの様に毎日いろいろな文章を書いている人だけでなく、クラスのニュース・新聞などいろいろなところで活用できると思います。
 最新号のメールマガジンからおとどけします。

=============

 最近、iPhone7に変えたついでに、以前からインスト(インストール)してあったアプリを整理して、不要なものを削除しています。その中に、今まで使っていなかった秀逸なアプリが見つかりました。撮った写真を簡単に水彩画や油絵に加工してくれる、BeCasso(ビカソ)です。
 変な名前ですね、ピカソにひっかけたのでしょう。
 そういうさっそく使ってたのしんでいます。

 研究所を立ち上げて4年、いろいろな学校や地域等で授業をしてきましたから、その写真は膨大で、4Tバイトのハードディスクを独立して利用するくらいになっています。おそらく10万とか100万の単位で数えるほどの画像になっているのではないかと思います。
 とてもいい写真がたくさんあるのですけど、個人情報の関係で、正面からの写真の掲載はとても気を使います。
 ところがこのBeCassoを利用すると、絵画に簡単に変換してくれるので、様子はそのままに、しかしそれが誰なのかははっきりしなくなる様な画像になります。

 たとえばこれは以前、教員採用試験の特訓を受けた方が私の前で模擬授業をしている時の様子です。合格して、たのしい教師生活を送っています。カーテンも文字も人物も、まさに絵画になっていると思いませんか。

%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%aa-%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%82%92%e7%b5%b5%e7%94%bb%e3%81%ab
 これは我が家の〈のんびりネコ〉ニケ(正式にはニケランジェロという立派な名前)です。私が帰ると近くに来てべたりと寝転がります。寝転がるから「ねこ」とついたのではないかと思わせてくれる様なねこです。
こうなります。

%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%aa-%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%82%92%e7%b5%b5%e7%94%bb%e3%81%ab3
  使い方はそれほど難しくありません。
1.これまで撮って写真の中から一枚を選んで
2.加工の方法を選んで
3.Shareの窓から保存する
という流れです。

 慣れない方には難しいかもしれませんけど、使ってみる価値ありだと思いますよ。
 iPhoneだけでなく、iPad などでも利用出来るようです。
 わたしがダウンロードした時には無料でした。
 今も無料になっているかもしれません。
 興味のある方はお早めに!

%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%aa-becasso

 パソコンでも利用できるアプリも紹介しましょう。

 まずwindows版から・・・

==============

メルマガはまだ続きますけど、このあたりにしておきます。

たのしい知恵を広めることもたのしく
たのしい教育研究所です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究所の重要ツール iMacをデュアル・ディスプレイ化する実験開始。

4月に向けて、研究所のわたしの研究室をリニューアルしています。

以前ネット上に《マルチディスプレイ化することで仕事の効率が20〜30%UPする》という記事があって、ずっと気になっていたのですけど、その作業に取り掛かることにしました。

研究所で私が利用しているmacは27インチディスプレイで最も大きなタイプなのですけど、仕事のジャンルが多岐にわたるので、ワープロから表計算、メール、画像処理、BGM、動画作成などたくさんのソフトウェアーを立ち上げて利用しています。

27インチのスペースでも狭く感じてしまいます。

以前、windowsを利用していた頃に買ってあった、気に入りのディスプレイを処分せずにいたので、それを繋いでみました。

最新バージョンがどうなっていのか知りませんが、以前windowsで二つのディスプレイを接続しようとするといろいろなケーブルやグラフィクボード、ソフトウェアなどを揃えるために3万円以上かかりましたし、あまり気持ち良い利用心地ではありませんでした。

Macはどうか?
古いプロジェクターに接続するためについでに買ってあった2700円のケーブルが一本あればOKでした。
ソフトも必要ありません。
ディスプレイの設定の場所を、ちょいといじるだけです。
とてもスムーズな使い心地です。
さすがMac。

これが現在の私のパソコンです。

デュアルディスプレイカーソルが左右2つのディスプレイを、まるで一つの画面のように行き来できます。右のソフトウェアを左のディスプレイに移して作業したり、左の画面で処理したデータを右のデスクトップに表示したりと、とても快適です。

左のディスプレイも普通の学校や官公庁などで利用しているものよりずっと大きめのタイプですから、かなりスペースが広がりました。

これでしばらく仕事をすすめてみます。

仕事率が20〜30%UPするということが本当なら、これまでの仕事量をこなして、しっかり読書時間などをとることができる様になります。
たのしい授業の教材作りも今より進むはずです。
たのしみな実験です。

特に変化がない、という結果になるかもしれませんが、デュアル・ディスプレイが、トリプル・ディスプレイになっているという可能性もありますね。

 

 何をやるにも「仮説・実験」!
たのしい教育を全国に発信する
「たのしい教育研究所」です

おすすめアプリ|仕事に没頭してしまう皆さんへ/アプリTimeou

出張からもどって教材づくりや、学び方コースなどに没頭しています。

わたしと同じ様に、仕事に没頭すると、何時間でも続けてしまう人はたくさんいると思います。

そういう人たちのために、パソコンから強制的に
「休憩をとりましょう」
というメッセージが来ると便利ですし、健康にもよし、です。

わたしが利用しているのは
TimeOutというアプリです。
英語ですけどそう難しくはありません。
設定した時間で、パソコンが強制的にお休みモードに入ります。
ちなみに私は44分仕事4分休憩で設定しています。

iconhttp://www.dejal.com/timeout/

右側でバージョンを選んでダウンロードできます。
下にアドレスの登録の窓口が出ますけど、書かなくても問題ありません。

私がマッキントッシュを利用しているので、windowsの方向けのアプリは評価できません。なのでwindows用はこれがお勧めです、という紹介ができないので申し訳ありません。

「仕事効率化 休憩 アプリ windows」で検索をかけるといろいろ出てくると思います。

お互い元気に仕事に全力投球しましょう!

たのしい教育研究所は
たのしい学力向上
たのしい人材育成
に全力投球です